スポンサーリンク

中国さん、今度は「ブルセラ症」の菌を撒き散らす

中国
1: ID:3Om

中国甘粛省蘭州の衛生当局は15日、昨年夏、蘭州の製薬工場で動物用ブルセラ症ワクチンの生産工程でずさんな管理により菌が漏洩(ろうえい)する事故があったと発表した。今月までに関係者計約2万1千人の検査を進め、約3千人が感染したと確認した。全員に何らかの症状があったかは不明。
https://www.sankei.com/world/news/200916/wor2009160006-n1.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中国さん、今度は「ブルセラ症」の菌を撒き散らす

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1600225120/

 臨床的特徴
感染動物の加熱殺菌が不十分な乳・チーズなど乳製品や肉の喫食による経口感染が最も一般的である。家畜の流産仔や悪露への直接接触、汚染エアロゾルの吸入でも感染する。ヒト-ヒト感染は、授乳、性交、臓器移植による事例が報告されているが極めてまれである。B. canis は流産仔や悪露、血液などへ接触することにより感染するが、尿中に排菌されることも知られている。
潜伏期間は通常1~3週、時に数ヶ月との報告がある。臨床所見としては倦怠感、発熱、発汗、腰背部痛、関節痛、悪寒などインフルエンザ様で、その他、関節炎、リンパ節腫脹、脾腫、肝腫、中枢神経症状が見られることもある。合併症として、仙腸骨炎、心内膜炎、肺炎、骨髄炎、膵炎を呈することがある。未治療時の致死率は5%程度で、心内膜炎が死亡原因の大半を占める。男性では20%程度の患者に、精巣上体炎・精巣痛があらわれる。

Source:ブルセラ症|厚生労働省

以下ネットの反応

3: ID:Djj
細菌兵器に使われるやつやん
6: ID:BSO
>>3
ま?

ブルセラ属菌は敵国の兵士や住民に罹患させて能力を低下させる生物兵器としても研究・培養された。アメリカは1942年、ソ連は1978年に兵器化を実現した。
Source:ブルセラ症 – Wikipedia

8: ID:5ct

View post on imgur.com

わい看護学生やけど
授業で習ったわ

9: ID:2Mo
月一くらいで変な病気でるよな
10: ID:QKx
ちゃんと公表するんやな
13: ID:ptH
この前別の菌かウイルスも流行らなかったっけ
コロナの後
15: ID:vg8
>>13
確か別の肺炎になる病気はやったよな
21: ID:ptH
>>15
そうそう

 

新型ブニヤウイルス感染症とは、SFTSウイルス(ブニヤウイルス科フレボウイルス属)に感染することによって起こる感染症です。感染経路は主にマダニに噛まれることであり、タカサゴキララマダニとフタトゲチマダニの成虫に噛まれることで感染します。ほかにも、中国では患者の体液や血液との接触によって感染した例も報告されています。

Source:新型ブニヤウイルスとは?どんな症状が出るの?医師が解説します。 | CLINIC FOR

14: ID:Wpw
もはやウイルス製造機やん
16: ID:gLC
ちうごく「またオレなんかやっちゃいました?」
18: ID:37Y
>>16
やっちゃってない時がないぞ
19: ID:gLC
>>18
ひつねちゃめしごとやったな
17: ID:rey
面積広いからしゃーない
20: ID:vg8
>>17
カナダ・アメリカ・ロシア「せやろか?」
22: ID:Ipo
??「ブルセラはやめろ」
25: ID:xSa
ブルセラをやめろ
23: ID:0Km
中国の肺はボロボロ
26: ID:238
毎月新型ウィルス出しとるやん
こんなんディアゴスティーニやろ

関連動画

「ブルセラ症」菌漏えい、3千人感染 中国

コメント

  1. アメリカとソビエトの後追いで邪魔な自国領(侵略領土)の民族浄化と兵器としての効能テストを3周遅れの技術と管理でやってるからそりゃそうなる。
    純粋に医学と薬学の進歩の為なんて中国共産党の管理下の研究所じゃまず有り得ない。
    新型コロナウィルス対策で国家間の人間の行き来が制限されてるからまだマシだけど、これからまだまだ杜撰の極みな中国の生物学研究所が面倒事を増やすぞ

    • 時代錯誤が半端ないよね。1940年位で世界の何処とも
      コンタクト取ってないような国レベルの思考回路だよね。
      時代遅れ感が半端ないよね。

  2. そういえば最近あまりブルセラショップの話は聞かないが、、、
    そうか、いま中国のほうで流行ってるのか、そうなんだ

  3. またキミかぁ
    壊れるなぁ

  4. ・・・前川喜平

  5. 中国は何に関しても雑
    ITを成長させる前にやることあるだろ

タイトルとURLをコピーしました