1: Toy Soldiers ★ 2018/08/14(火) 20:13:15.08 ID:CAP_USER9
 深井俊之助氏は、大正3年生まれの104歳。部屋の中を杖もつかずに歩き、座る姿勢は背筋がピンと伸び、驚くべき記憶力で理路整然と語る。

 深井氏は戦前、海軍の通信技術者だった父親の影響から海軍兵学校に入り、終戦まで戦艦乗組員として活動した。
そして、いくつかの艦を乗り継ぎ、昭和19年3月、少佐として世界最大と謳われた戦艦「大和」の副砲長を命じられた。

 深井氏がその当時を振り返る。

「『大和』は遠くから見るものであって、自分が乗るものとは思ってもいなかった。いざ乗船してみると、その大きさに驚くばかり。なかは迷路のようで、艦の後方に行くとどこにいるのかわからなくなるので、そんなときは階段を上って甲板に出て、艦橋を見上げて確認しました。

 艦内は冷暖房完備。艦橋はビルのような高さでしたが、士官や伝令などはエレベータを利用できた。副砲長は艦の序列では上から5番目です。『大和』の乗員約3300名のうち250名が私の部下でした。

 進路の指示をした時は足が震えるほどの緊張を感じました。漁船をよけようと思って『取舵15度』と指示しても、艦が大きいから全然曲がらない。いざ曲がり出して舵を戻しても、今度は元に戻せない。どうしようかと思いましたよ。

『大和』は間違いなく世界一の艦だったと思います。今後、これ以上の艦は建造し得ないと思っていたし、当時のすべての米艦船より優れていた。

 主砲の46cm砲はいうまでもなく世界一ですが、私が指揮した15.5cm副砲も優れていた。砲弾の初速は毎秒920mと世界最高クラスで、命中精度も極めて高かった。

 待遇でも『大和』は優遇されていました。士官の夕食は洋食のフルコースで、ステーキも出た。
アイスクリームを食べられるのは『大和』だけで、他の船からも“大和ホテル”だと言ってアイスクリームを食べに来る乗組員がいたほどです」(深井氏、以下「」内同)

 深井氏は「アイスを食べよう」と言い出し、頬張りながらの取材となった。話はいよいよ「大和」の戦いに及んだ。

「昭和19年10月25日の朝、フィリピンのレイテ島に向かう途上で米空母部隊を発見し、戦闘になったとき、駆逐艦が突進してきて煙幕を張り始めた。こういう補助艦艇をつぶして、目標が見えるようにするのが私の仕事でした。

 一隻目を撃ったんだけど、やっぱり、緊張してるんだね、当たらない。そこで、『600m下げろ』と。距離9000mで撃っているのを8400mにしろといって撃ったが、当たらない。
すると、この600mの間に敵艦があることは分かる。これは法則通りで、今度は『300m上げろ』と徐々に詰めて、4発目で当たった。次の駆逐艦も3発目で当たった。

 一発当たるたびに、艦内ではわーっと歓声が上がった。あれは痛快だったね。男冥利に尽きます。

『大和』の砲弾は空母『ガンビア・ベイ』にも当たりました。これは商船を改装した護衛空母で、装甲が薄かったので、『大和』の高速な砲弾は船体に当たっても爆発せず、貫通してしまったほどです。
そのまま『ガンビア・ベイ』の横を通過しましたが、敵兵は撃ちませんでした。彼らは救助に一生懸命で、こっちもそんな手負いの船を撃ったってしょうがないと思って見逃しました」

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15157773/

引用元: ・【軍事】「間違いなく世界一の船だった」104歳の元乗組員が大和を語る

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
4: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:14:15.98 ID:iLgijc9t0
船内にラムネ製造室なんかがあって笑った

178: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:50:52.28 ID:H8ZP6ns/0
>>4
浄水器で作った水は不味いのでラムネにしていた。米軍の戦闘糧食に入っている
粉末ジュースも同じ理由。

5: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:14:22.77 ID:yNstfHQF0
武蔵御殿はよ

699: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:51:02.70 ID:/C1Gn8B60
>>5
武蔵旅館な

6: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:15:03.33 ID:5pC5wBQp0
宇宙一じゃないのか

8: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:15:28.81 ID:tQxF5Xup0
洋の国と死闘繰り広げてたのに、洋食食ってたのか…

304: ( ^ω^ ) 2018/08/14(火) 21:07:53.83 ID:Ucb0EdMw0
>>8そこはそれ( ^ω^ )o🍖

330: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:09:43.20 ID:CTaEcICi0
>>8
負けて当然だわ

364: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:13:49.62 ID:li6270Zg0
>>330
海軍は基本洋食なんだよね。
理由は食材が腐りにくいから。英国から技術を教えてもらった。

和食の食材つんでたら東南アジアとか遠征できないし。

390: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:16:21.10 ID:xdN/EAsm0
>>364
洋食を食ってたのは士官。
兵隊下士官は麦飯とみそ汁とおかず一品

人気メニューは野菜のうま煮

11: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:16:10.91 ID:woQEbTd20
だ、大和

84: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:33:58.69 ID:PSl2yQeA0
>>11
金沢市には、実際に大和(だいわ)デパートってのがあるで

546: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:33:42.52 ID:xEv2d+oF0
>>11
大和(ダイワ)重工業はロボットも造るよ

13: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:16:19.21 ID:XdQhDBLl0
単体で強くても意味無いんだよね(´・ω・`)

15: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:16:47.12 ID:ECv3mLv50
この世代はすごいな 

17: 発毛たけし ◆ayiO.z1dnU 2018/08/14(火) 20:16:47.69 ID:nPSVaKnH0
生ける伝説か


大和乗りは伝説だからなあ

18: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:16:56.45 ID:4oD234R80
中曽根が唯一敬礼する人物?

24: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:18:16.42 ID:mmGQoVBc0
>>1
大和以外の比較対象って何処の国の何て船?

安っちい世界一だなwww

193: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:53:11.94 ID:H8ZP6ns/0
>>24
アイオワ級 45000トン
キング・ジョージV世級 35000トン
ビスマルク級 42000トン
リットリオ級 40000トン

207: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:54:57.59 ID:U9ECrh+H0
>>193
この中でちゃんと戦艦として本来の仕事をしたのはビスマルクだけだな

223: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:57:24.32 ID:E9ZAdWiT0
>>207
英国のドキュメンタリー番組見てたら
自国のキング・ジョージV世級の後半建造船は活躍してないから無駄だとクソカスに言ってたな

285: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:06:09.31 ID:H8ZP6ns/0
>>207
でも、初陣で沈められた。総統が余計なことを言わなければブレストに逃げ込めた
のに・・・

533: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:32:23.92 ID:jvhONvhl0
>>24
排水量を調べればわかるが大和級は間違いなく世界最大の戦艦だよ
アイオワ級よりもでかい
ただし戦艦という艦種自体がこれ以後作られなくなったがね

28: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:19:10.84 ID:YQu8taOB0
『私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。

披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。

自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。

自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を掛けていると思う事。

たとたどしくですが話されました。

同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが段々背筋が伸びていき神妙に聞き入っていました。

挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」と尋ねると、新郎は小声で「大和です」

それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。

おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。』

123: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:42:26.67 ID:hCIoHyEf0
>>28
これを見に来たGJ!

32: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:20:22.32 ID:ncPCeBeR0
高位の生存者だね
観測員の沈没時の証言とは対照的だ

34: 総本家 子烏紋次郎 2018/08/14(火) 20:20:45.55 ID:Dpu1dPI70
牛乳が飲み放題だと聞いたが?

38: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:21:43.17 ID:li6270Zg0
機動部隊で制空権を握って、敵の拠点に艦砲射撃したなら戦果は凄かっただろうがなあ。
最後の最後まで運用を間違えた。

146: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:45:30.17 ID:J1IPqQB+0
>>38
運用の問題だね~
兵器なんていかに優れていても運用を間違えたらたちまち無用の長物になるからな

39: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:22:31.63 ID:H6lndvdD0
ヤマトそっくりの豪華客船作ったら大人気だわ

147: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:45:55.61 ID:/aNEoHCN0
>>39
呉にある大和ミュージアムが完成する前、大和を復元して海上博物館構想が紙面上であったけどな。

・徳間書店 よみがえる超戦艦「大和」―史上最強の巨艦「復元計画」:戦争考古学研究会(著)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784195552711
https://www.amazon.co.jp/よみがえる超戦艦「大和」―史上最強の巨艦「復元計画」-戦争考古学研究会/dp/4195552710

面白い本なのでオススメしとく。

ちなみに、だいたい今の金額で、4000億円~5000億円で大和は復元できるそうです。

449: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:22:36.78 ID:+y7+r7wx0

40: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:22:46.13 ID:sLmuP0+40
飛行機の時代に戦艦とか、不運ではあった

150: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:46:18.76 ID:khVO0Ljc0
>>40
戦艦も着弾観測してくれる観測機無いと、まともに大砲当たらない時代だからな
飛行機重要

43: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:23:51.82 ID:5W+C2Y7e0
飛行機が艦船に対して大いに有効であることを実証したのが日本って皮肉だよなあ

44: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:24:00.37 ID:7EM0ODHW0
ソビエツキー・ソユーズ級戦艦(ソビエツキー・ソユーズきゅうせんかん)は、ソビエト連邦(以下、ソ連)で計画されていた戦艦の艦級(英語版)である。

ソビエト連邦海軍および労農赤色海軍(以下、ソ連海軍)では戦列艦に分類され、
正式名称では 23 設計戦列艦(23 せっけいせんれつかん;ロシア語: Лине́йные корабли́ прое́кта 23)と呼ばれた。
1 番艦の艦名から、「ソビエツキー・ソユーズ」級戦列艦、「ソビエト連邦」級戦列艦(ソビエトれんぽうきゅうせんれつかん;
Лине́йные корабли́ ти́па «Сове́тский Сою́з»)とも通称される。

1930年代後半に 4 隻が起工したが、独ソ戦(大祖国戦争)の勃発によりすべて建造中止となった。

no title

52: ぴーす ◆u0zbHIV8zs 2018/08/14(火) 20:27:29.58 ID:Qlf4CNM4O
ユーチューブ「VR大和」で検索してくれ必ず満足する

54: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:27:47.34 ID:INHfNqk60
ホテルじゃありません

55: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:27:53.08 ID:AQ/oklw30
どこも軍事機密で他所の軍艦と比較しようがない

57: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:28:19.89 ID:3ICfJ5qB0
大和の主砲は今ではどうやって作ったかわからんし実現できないらしいな

62: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:29:37.08 ID:x5RsjHUI0
>>57
旋盤が無いんだっけ?ロストテクノロジーだなぁほんと

100: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:37:46.87 ID:i852tSgm0
>>57
嘘がつくな。
新日鉄室蘭で作れる。
誰も作る金を出さないから作らない。

106: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:38:44.53 ID:LWTNfOwu0
>>100
室蘭だとしても、日鉄室蘭ではなく日本製鋼所では?

110: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:39:28.49 ID:E9ZAdWiT0
>>100
今更巨大な大砲を作る必要性なんてないからな
そりゃ不用な技術だったら廃れるわ

148: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:45:59.84 ID:a/Npbz+o0
>>110
迎撃も防御も不可能だけど、最大射程が40km程度だからなぁ。

229: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:58:42.03 ID:vEqLbNIY0
>>148
ミサイル全盛の今なら大した事ないんだろうけど40キロ先からそんな鉄の塊が飛んでくるとか恐ろしいな、、

238: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:00:02.17 ID:FhPsSaFO0
>>229
横須賀からビックサイトが吹き飛ばせるとかロマンありすぎるよな

251: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:01:32.29 ID:vEqLbNIY0
>>238
具体的でワロタw
隕石じゃないけど着弾したら一発でどのぐらいの破壊力があったんやろなあ

266: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:03:38.76 ID:jrUolMPO0
>>251
ほぼ1トン爆弾と同じ威力

273: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:04:50.25 ID:vEqLbNIY0
>>266
う~んわからんw
東京ドームぐらいのクレーター作れるんかな?

300: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:07:38.08 ID:FhPsSaFO0
>>273
一トン爆弾が地面で爆発したら500m離れていても鼓膜が破れる

519: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:30:27.12 ID:/m2digUe0
>>266
大和の主砲弾は62キロぐらいしか炸薬が入ってないからなー
爆弾は総重量の半分が炸薬の時に最も威力が増すといわれている
1トン航空爆弾はその公式に従って半分の500キロが炸薬だから
大和の主砲弾と航空爆弾では色々と性質が異なるだろう

293: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 21:06:59.97 ID:zb2qrWLD0
>>251
海面に注目
no title

64: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:29:55.59 ID:7wAuGV7E0
補給がすげー大変だったて元乗員の近所のじーさんが言ってた

67: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:30:32.25 ID:8aJ3hKDU0
当時、空調のある大和ホテルとしてはな

89: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:35:06.18 ID:cdUITDOO0
>>67
戦艦大和のエアコンは、GEの特許無断使用で戦後日本政府が特許料を支払っている。

214: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:55:45.63 ID:H8ZP6ns/0
>>67
長門以下の旧式戦艦も医療室と艦長室には冷房装置が備えてあった。

76: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:32:49.64 ID:ka73YDWc0
いや、当時の技術であれだけの
戦艦を多数作るのはアジアでも
日本しかなかったし長門とか
凄いよホント。
よくまあこんな小国であそこまで
発展したもんだよ。

128: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:43:23.12 ID:xdN/EAsm0
>>76
戦後に長門を分析した米軍の報告書によると、
光学式測距義は見るべきものはあるが電子機器は貧弱
特に参考になる項目は無し、と言われた

85: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:34:45.39 ID:tGy2SwXj0
大和の存在は秘匿せず、むしろ世界に向けて大々的に公表すべきだった。
開戦直後くらいに。

そうしたらアメリカもイギリスも国民感情上、大和型を上回る戦艦を何隻も建造しなければならなくなり、数年間は航空機や空母の建造リソース、港湾の建造ドックや熟練工員を大幅に吸い取られてただろうに

107: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:38:53.56 ID:9CT0ecGl0
>>85
アメリカは大和以上の50センチ砲搭載のモンタナ級作ってたよ

134: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:44:01.75 ID:tGy2SwXj0
>>107
結局は起工もされずに中止になった戦艦だろ?
それを建造せざるを得なくなるのはかなりの苦痛だっただろう、という話さ。

208: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:55:01.89 ID:9CT0ecGl0
>>134
アイオワ級作りながら、週間空母やってのける工業力あるから大して変わらんだろ

86: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:34:50.91 ID:Nvl1fg6T0
世界最強の戦艦なのは確かだが
そもそも戦艦自体がもう・・・

99: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:37:20.09 ID:PIuK1FfB0
魚雷が当たると周辺の装甲版のリベットも圧力ですべて吹っ飛んで穴が開いてそこから浸水し始めるので、かなり構造問題だった戦艦

130: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:43:44.17 ID:zRepinb60
>>99
当時最新のレーザー溶接で建造出来たのはドイツぐらいで、日本の技術力では無理だった。
設計主任の平賀譲は、日本の造船技術を考慮するとリベット溶接が妥当だと考え、敢えてリスクの高いレーザー溶接は採用しなかったとも言われてる。

141: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:44:31.65 ID:E9ZAdWiT0
>>130
レーザーではなく電気(アーク)溶接ですよ

102: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:37:55.80 ID:li6270Zg0
大和、武蔵を建造する資源で、大鳳を4隻建設していればなあ。

191: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:53:01.30 ID:hCIoHyEf0
>>102
そのIFには意味がない、何故なら大和・武蔵は大戦勃発前にすでに造船されてたから。
3番艦の信濃は空母に設計変更されたし、四番艦は未完成のまま工事中止して解体、
資材は他へ転用された。

108: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:39:17.71 ID:9bbN1CBq0
マレー沖で戦艦をやっつけたのに
なんで「戦艦は弱い」って気付かなかったんだろう

115: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:41:29.11 ID:6OU+qCnW0
>>108
むしろそれに気づいて3番艦を空母に改装したからあながち考え遅れてたわけではない

163: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:47:48.17 ID:xdN/EAsm0
>>108
ていうか海軍上層部でも開戦の少し前からこれからの時代は航空だと
薄々気付いてはいたらしいが、それを言っちゃうと、今まで戦艦の大砲を
撃つためだけに訓練してた人たちの努力と職場がなくなってしまうから
方針転換できなかった、って所らしい

209: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:55:11.84 ID:7WAq4oTP0
>>163
仰るとおり海軍内でも色々派閥があって航空主兵一辺倒とはいかなかった
その辺考慮しないでなんで空母ばんばん作らなかったの?ってのはゲームかなんかと勘違いしてる連中だと思います

112: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:40:47.01 ID:lOt3CuOw0
なんで巨大な戦艦作ることが戦術として必要だったの?
絶対同じ金額でいくつも作ったほうがマシだろ

119: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:42:09.08 ID:h/W2rBT10
>>112
軍縮条約もあったからな
一つの艦に詰め込む方法

124: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:42:49.71 ID:lOt3CuOw0
>>119
あぁそういうことかなるほど

151: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:46:25.18 ID:h/W2rBT10
>>124
あとは自分の主砲に耐えうる装甲を軍艦にしてたから
相手から有利に立ち回るため巨大戦艦になっていった

まぁその後はミサイルだ魚雷だで装甲はあっても気持ち程度だけどね

118: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:41:51.96 ID:rf9NQkkN0
実は大和は世界一コンパクトな戦艦なんだよ
46センチ砲を積んであの小ささは驚異的

120: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:42:12.34 ID:zb2qrWLD0
温存しとくうちにとうとう備蓄燃料が尽きたから使おうにも使えなかったんだよなあ
そこんところを知らない馬鹿が多すぎやな
大艦巨砲主義とかいうけど当時の海軍はどこも大艦巨砲化してたんだけどな
そもそも大和が実戦配備されだした頃は既に海軍も全力で空母作ろうとしてた訳だし
大和を批判するのは大体こういうバックボーンを知らない馬鹿しかいねえ

153: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:46:37.74 ID:li6270Zg0
>>120
でも、大和建設計画が浮上したときには
もう空母による航空戦が海戦の主体になるという意見が強かった。

日露戦争を忘れられない上層部が大艦巨砲主義から考えを変えられなかっただけで。

170: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:49:50.31 ID:5qJSrx5F0
>>153
いやいやアメリカだってあそこまで航空戦一辺倒になるとは思ってなかったよ。

兵器って、じつは戦争に使ってみて初めていろいろ分かることが多い。

199: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:53:54.29 ID:li6270Zg0
>>170
開戦当時、アメリカにはまだ航空母艦と
その護衛である高速艦のみによる艦隊運用はなかったよ。

149: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:46:01.41 ID:0gYGTGdR0
>>1
深井俊之助
大正3年生まれ、東京出身。
昭和5年、海軍兵学校に61期で入校、昭和9年に62期で卒業する。
砲術を専攻し、巡洋艦「八雲」、戦艦「比叡」などを乗り継ぐ。
昭和14年に南支方面作戦に参加。昭和16年の開戦を駆逐艦「初雪」砲術長で迎え、マレー沖海戦、エンドウ沖海戦、バタビア沖海戦、ガダルカナル島の諸海戦に参加。
昭和17年、戦艦「金剛」副砲長として、レーダー射撃の実用化に関わる。
昭和18年、横須賀の海軍砲術学校を経て、昭和19年3月、戦艦「大和」副砲長として、レイテ沖海戦におけるシブヤン海、サマール沖での戦闘を経験

沖縄には行かんかったんか?

164: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:48:35.76 ID:deQmXya10
大和副砲は最上の主砲だときいた
>>149
副砲おろして対空機銃にしたからな

182: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:51:17.93 ID:KfP0hw6d0
>>164
砲塔は対空射撃対応の新造品、使ったのは砲身だけだってよ

156: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:46:47.77 ID:7tyBcfKr0
大和作ってる間に敵は原爆作ってるんだもん。
そりゃ勝てんよな。

159: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:47:26.25 ID:se6kuQy60
実戦配備したら速攻であちこちでブンブン暴れまくっていれば評価もまた違っただろうに
メンツとか責任とるのが嫌だとか出し惜しみは良くないよね

181: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:51:15.55 ID:li6270Zg0
>>159
ま、出し惜しみというより、大和級動かすと莫大な燃料を食うから
出すに出せなかったのが現実だけどね。

まあ、その時点でもはやあれなんだが。

長岡には銃弾もないのにガトリング砲を2門も買った家老もいたよなあ。
すぐ弾が尽きて、20分くらいしか実戦で使えなかったみたいだけど。

173: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:50:19.31 ID:xdN/EAsm0
戦前、陸上攻撃機に長門を攻撃させる演習をやったところ長門は逃げ回るしかなかったそうだ
その時に、編成を変えてればねえ

189: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:52:19.38 ID:r3Lp5A+R0
今から思えば戦艦や航空機運用より潜水艦の方が合ってたな

204: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:54:40.90 ID:sae6oi3a0
>>189
潜水艦も軍縮条約当時は制限されてた。
問題はその後だよなあ。
それ以上に問題なのは、潜水艦を沈める能力が
あまりにお粗末だったこと。

192: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:53:10.18 ID:l32oRg5J0
米さんの溶接も未完成で
大量生産した輸送船が自沈しまくってるんだよね
それでも問題点を解析して対処できてしまうところが米帝たる所以

202: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 20:54:22.14 ID:OB/rpUIT0
殴り合いの時代が直前で終わってしまったのが不運だった

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ



忘れてはならない日本の偉人たち
渡部昇一
致知出版社 (2018-04-28)
売り上げランキング: 1,121





ブログランキング参加中!一日一回のクリックをお願いします


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ