1: LingLing ★ 2017/12/23(土) 21:05:11.47 ID:CAP_USER
■白亜館聖誕ツリー 原産地は韓国

・ツリー80~90%は「コリアン・ファー※」 
・1917年米国に渡って改良
・手入れ必要ないきれいな円錐形

※コリアン・ファー(Korean fir)=学名:Abies koreana E.H. Wilson,韓国名:クサンナム,和名:チョウセンシラベ、朝鮮白檜。
以下、「チョウセンシラベ」とします。

no title

先月30日、ドナルド・トランプ大統領とファーストレディーのメルラニア女史が参加した中、ホワイトハウスの近隣で開かれたナショナル・クリスマスツリーの点灯式[AP]
-------------------------------------------------------------------

クリスマスツリーは、遠くから見ると調和のとれた三角形だ。 近くで見ると非常に高くて雄大に見える。裾が広く、上部に行くほど狭くなる円錐形であるためだ。

クリスマスシーズンになると、生木を採取したり、購入して家にクリスマスツリーを飾るため、ツリー市場の80~90%を特定の種の木が占めている。その木の原産地はまさに韓国だ。英語圏でコリアン・ファー(korean fir)、つまり、「韓国モミ」と呼ばれる木であるが、韓国ではクサンナムと呼ぶ。韓国固有の木だ。

涼しい所を好むので主に高山に生息して、漢拏山、無等山、智異山、徳裕山などの海抜500~2000mの間の高地帯で自生する。最近は俗離山でも発見された。

韓国固有種のこのチョウセンシラベが、西欧でクリスマスツリーの材料として人気を集めるのは、その形のためだ。 元々、クリスマスツリーは、松、モミ、トウヒなど常緑針葉樹を採取してから、適当に枝を切って円錐形にして用いられたが、チョウセンシラベはそのように手を入れて円錐形に作る必要がない。 最初からデザインがきれいな円錐形に育つからだ。先端は、細く尖って、下部に降りるほど枝が横に広がるのは、クリスマスツリーの典型的な姿と同じだ。 それこそ「最適」という言葉にぴったりのクリスマスツリー用の木だ。ただし、育っていくと高さが10~20mまで達して、枝が多岐に分かれて四方に均等に伸長するから、成長前のこじんまりとした状態でクリスマス・ツリーとして使わなければならない。

そうすると、韓国特産チョウセンシラベがどうして米国に渡って、西欧代表のクリスマスツリーになったのだろうか? 19世紀の帝国主義時代、西洋人は新たな世界に渡ると必ず植物や動物などの生物資源を見つけて、研究しながら採取し持っていく作業をした。欧州や米国にある巨大な植物園は、実際、新大陸や植民地、貿易のために進出した地域から採取した植物資源を保存して観察し、栽培試験をするために建てたと言っても過言ではない。

1904年、韓国で植物資源を採集していたフランス人の神父らは、チョウセンシラベの標本を採取して、1907年、米国の植物学者ヘンリー・ウィルソンに送った。これを受けたウィルソンは1917年、韓国に来て直接チョウセンシラベを採取しに行って、この木を別物の種として分類して、自身の名前が入ったアビエス・コレアナE.H.ウィルソン(Abies koreana E.H. Wilson)という学名をつけて1920年、植物園学術誌で発表した。 アビス(Abies)はモミ属という意味で、コレアナ(koreana)は種の名前で「韓国モミ」として紹介したのだ。 このような過程を経て、米国へ渡ったチョウセンシラベは、クリスマスツリーとしての価値を発見した米国はもちろん、欧州人たちの間でも人気を集めるようになった。

皮肉なことに、気候温暖化の乱伐から、チョウセンシラベの原産地である韓国では世界自然保存連盟によって絶滅危惧種に指定された反面、海外に渡った「コリアン・ファー」はクリスマスシーズンになると、莫大な金を稼いでくれる林業資源になったということだ。 しかも「コリアン・ファー」種子についての権利は、スミソニアン博物館が持っている。

チェ・インテク記者

ソース Korea Daily,LA中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5893515


【植物】 クリスマスツリーの故郷は済州?!世界的に最も多く使われる木は、韓国自生種「チョウセンシラベ」[12/22]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513952346/
【ジングルベル!】クリスマスツリーは韓国生まれ!?=韓国ネットも「初めて知った」と驚き[12/10] 
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449756873/

引用元: ・【米国】 ホワイトハウスのクリスマスツリー …原産地は韓国[12/23]

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
8: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:11:55.16 ID:BZ9CU/BH
で、韓国では絶滅危惧種って

平壌運転だな

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:16:59.31 ID:c6EXmD6a
名前だけでしかも朝鮮とか名前つけられてなんの権利も無いんだから恥ずかしくないのか朝鮮人。

13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:17:14.47 ID:aIyCynL1
へえそうなんだって思って読んでたら
韓国では絶滅危惧種になってるというオチをつけるなんてさすがだわ

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:18:29.78 ID:ZnN1DA4k
ウリナラすげぇ

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:20:23.09 ID:UB5f4wkZ
そもそもキリストが韓国人だからwww

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:21:28.21 ID:o6gLimnD
今は、「世界のチョーセンシラベ」とホルホル

数年後、「種子権利の賠償をスミソニアン博物館へ要求」が規定路線

22: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:23:54.66 ID:eVNEcZsZ
寒冷地に育つ小型のモミの木か。
でもクリスマスツリーに使われてるのは
100年以上前に欧州の学者が採取して、それを品種改良したものだろ。

24: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:24:45.52 ID:cRNZYLCj
モミの木やないんけ

25: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:25:23.42 ID:80vw0m6Q
ホワイトハウスにロイヤリティーを請求するニダ

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:29:40.32 ID:Wfm5qPAx
あれ、日帝が全て奪い取ったんじゃなかったの

29: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:30:27.88 ID:stlJvJ53
コリアン・ファーって漢字にすると韓国火になるのかな?

30: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:31:03.40 ID:AWHhN/S/
DNA鑑定はしちゃだめだからな
絶対しちゃだめだからな

31: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:31:37.63 ID:8Ptb4K/0
日本の門松も韓国由来といい出すのも時間の問題

90: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 22:10:21.89 ID:56eV98F6
>>31
そういやそこはまだ汚されてないな

94: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 22:13:54.79 ID:+d/VLDVC
>>90
世界的に人気にならない限り起源主張しないからな。
それまでは、島国文化の矮小性とか言って徹底的に腐す。

32: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:32:39.07 ID:geCVuEdG
へぇ、そうなんだと思ってググったら、アメリカで一般的にツリーに使われるのは Fraser fir フラセリーモミらしい。
アパラチア山脈原産だそうだが。

チョウセンシラベもクリスマスツリーに使われることもあるらしいがね

33: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:32:46.94 ID:6lCMZG+r
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AF%E3%AA%E3%B9%E3%9E%E3%B9%E3%84%E3%AA%E3%BC

>クリスマス・キャロルの『もみの木』からもうかがわれるとおり、ヨーロッパでは、伝統的にヨーロッパモミが使われてきた。
>現代では、入手が容易であることから広く使われるようになったドイツトウヒや、コーカサスモミ(英語版)、ノーブルモミ(英語版)なども用いられる。
>北米では、バルサムモミ(英語版)、フラセリーモミ(英語版)、グランディスモミ(英語版)、ヨーロッパアカマツ、カナダトウヒ(英語版)、コロラドトウヒ、アメリカトガサワラなどを用いることが多い

wikiにはコリアンファーとか1文字も載ってないんだが
ちなみにバルサム(カナダ)、フラセリー(アメリカ アパラチア山脈南東部)、グランディスモミ(アメリカオオモミ)とだいたい原産地が名前についてる

34: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:33:05.36 ID:e7GSbUH4
また起源の主張ですか

41: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:35:20.17 ID:Kc+NOETX
今度はクリスマスツリーの起源を言い出したのかよ

62: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:46:44.18 ID:P3D1FIbU
何かのフラグなん?

67: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:49:05.98 ID:xa1XI6qC
>>1
売り物か贈り物か判らないけど1917年なら大日本帝国から

69: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:51:24.77 ID:mudTjZXx
ちょっと分からないのは
品種改良したようだから名前が変ってるとか?
今市場に出回ってるのが~という品種、といった
記事じゃないからはぐらかしてデカく出てる気もする

75: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:56:43.60 ID:+d/VLDVC
>>69
品種改良されて、公園なんかの植栽として人気があるのは間違いない。
ただ、学名で園芸品種は分かるんだけど
クリスマスツリーとして使われてる木として
abues koreans系が一般的に使われているという記述は(韓国語以外では)一切ない。

abies kireanaは、こじんまりした樹形とゆたかに実る果実を鑑賞する木として人気がある。
ただ、実が成りすぎるせいもあってクリスマスツリーとしてはあまり使いどころがない。

71: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 21:51:42.82 ID:VCZ6r0OL
気に入った桜を済州島原産の「王桜」にしてしまうのと同じ手口だな

81: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 22:01:28.68 ID:MxlcPc4k
白頭山山麓に広がる、クリスマスツリーの原生林が

89: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 22:09:59.78 ID:zTiyy4S8
>>1
ネックハンギングツリーの間違いでしょ

84: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/12/23(土) 22:03:34.36 ID:M2+ApEqV
まーた始まったわね。起源主張。

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ



興亡の世界史 東インド会社とアジアの海 (講談社学術文庫)
羽田 正
講談社
売り上げランキング: 32,843



ブログランキング参加中!一日一回のクリックをお願いします


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ