1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/09/13(水) 15:33:10.56 ID:CAP_USER
「K2黒豹」戦力化の遅れ... S&T重工業、パワーパック不良責任論「ゆらゆら」

「国産パワーパック」のために走らない「名品戦車の墜落」

no title

▲国産名品戦車K2「黒豹」

世界最強の火力と機動力を誇る国産名品戦車「K2黒豹」。 2003年に本格的なシステムの開発に入って2007年3月の運用試験を通じて一般に公開された。軍は2012年に戦車の量産を開始しようとしたが、実戦配備されるのはそれから二年が過ぎた2014年だ。

戦車の心臓に等しいパワーパックに欠陥が発見され、国産の代わりにドイツ産MTUが装着され、時間が遅れたのだ。

陸軍は、1次量産の痛みを乗り越え、2次、3次量産では、国産パワーパックを取付けると力を尽くしたが、変速機の問題が再び足を引っ張った。

問題の変速機を開発したのは防衛企業S&T重工業である。しかし、S&T重工業は昨年1月の耐久性試験をはじめ6回の故障を起こし、2月の試験が電撃中断された。

これによって、全体の開発スケジュールを遅延させ、K2戦車を最終納品する現代ロテムは天文学的遅滞償還金まで支払わなければならない立場に追い込まれた。

また、国産名品戦車を自負するK2黒豹の2次量産物量も戦場ではなく、倉庫に放置されるという境遇に転落したのだ。これに<スペシャル経済>が国産名品戦車の心臓である「パワーパックの欠陥」議論を探ってみた。

国家の領土防衛の軸を担当するものと期待を集めた国産名品戦車「K2黒豹」が戦場ではなく倉庫に放置されて、いつになるかわからない時間を待っている。

世界最高の名品戦車と脚光を浴びていた「K2黒豹」が倉庫に放置されているのは、まさに戦車の心臓であるパワーパックに不具合が発生したためである。

K2戦車の全組立を担当している現代ロテムはパワーパックを除いた残りの部分の組み立てをすべて終えたが、誓約のないパワーパックにより、天文学的な遅滞償還金まで支払わなければならない立場に追い込まれた。

ソース:スペシャル経済 2017.09.11 11:40:13(韓国語)
http://www.speconomy.com/news/articleView.html?idxno=91196

続きます

引用元: ・【韓国】「国産パワーパック」のために走らない「名品戦車『K2黒豹』の墜落」[09/13]

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
2: ダーさん@がんばらない ★ 2017/09/13(水) 15:33:55.49 ID:CAP_USER
国産パワーパック議論<なぜ>

防衛産業界によると、K2戦車のパワーパックの開発・生産を担当したのは「S&T重工業」である。軍は2012年に戦車の量産を開始しようとしたが、国産パワーパックの欠陥が原因で、ドイツMTUパワーパックに代替した。これにより、2014年に戦力化された1次K2戦車100台余りにはドイツのパワーパックが納められた。

しかし、2014年に開発完了した国産パワーパックの変速機が2次量産初品の耐久試験で相次いで欠陥を起こし、戦力化が再び遅れている。

K2戦車の2次フェーズ分に適用するはずだった国産変速機は、2016年1月の耐久試験に着手して以来、2017年2月までの1年1カ月間の合計6回の欠陥を現し、国防技術品質院の最初の製品検査で不合格となった。計画通りなら、昨年末から陸軍に納品を通じて実戦配備されなければならないが、変速機の欠陥により生産計画さえ決められずにいるのが実情である。

変速機以上に戦力化の遅れ「不可避」... 「離れ屋老人」に転落

「S&T重工業」だけ眺める現代ロテム...天文学的遅滞補償金

S&T重工業の耐久度評価の結果を見てみると、1次試験で「メインポンプ軸受の破損」、2次「メインハウジングのクラックや油漏れ」、3次「変速装置の破損」、4次「メインハウジングのクラック」、5次「変速機の破損」が発生した。 6次では「ドイツのZF社が納品したボルトの亀裂により変速クラッチの圧力低下現象が発生し、変速機の核心部品である変速装置が故障し、再び不合格判定を受けた。

防衛事業庁は7回の評価を指示したが、S&T重工業側はこれを拒否した。国産パワーパックを装着するという計画を持って推進した事業は、国産変速機の耐久度テストで暫定的に中断された状態で量産の手続きは立ち止まった。

K2黒豹の変速機の開発を担当するS&T重工業は、初品耐久度試験が相次いで失敗すると試験国防規格基準である320時間(9600㎞相当)の耐久度テストが不当であると主張し、別の波紋を生んでいる。

続きます

3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:34:19.44 ID:5Nm8z31x
飾るためのオブジェとしてなら

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:55:38.26 ID:xqobXfTS
>>3
そうだな。
38度線沿いに並べておけば、それなりに雰囲気出るだろう。

4: ダーさん@がんばらない ★ 2017/09/13(水) 15:34:32.64 ID:CAP_USER
S&T重工業、耐久度テスト不当(?)

S&T重工業側は「国産変速機の初生産品は320時間(9600㎞)走行時に「欠陥があってはならない」という部分はあまりにも過酷な条件で、現在の規格書を満足する変速機は、生産不可能である」、「現在の基準を緩和した規格変更の後、耐久度試験に着手する」と主張した。現在の基準を変えなければ、開発に入ることができないということである。

S&T重工業は今年5月、ソウル中央地方裁判所に防衛事業庁がK2戦車国産変速機の耐久度再試験の要求を中断してほしいという趣旨の仮処分訴訟を提起した。

S&T重工業は2013年5月に独自に開発したK2戦車1500馬力6段自動変速機の軍の運用試験を重大な欠陥もなく完了したと発表した。

しかし、軍当局によるとS&T重工業はすでに既存の生産と出荷したK9自走砲と、K200A1装甲車は8000㎞相当の耐久度試験であったが、当時S&T重工業はこのような異議申し立てはしなかった。

ここで、今回議論されている国防規格をS&T重工業が直接提案したという点にも疑問がある。

国防規格書の制定と承認停止をみると、変速機の開発メーカーであるS&T重工業が防衛事業庁に規格書を提案すれば、防衛事業庁と国防科学研究所、国防技術品質院などの関連機関がこれを検討して、最終的に防衛事業庁がこれを承認する手続きに進む。一言でS&T側の要求で規定が行われ、今になってS&T重工業がこれを拒否している格好だ。

防衛産業界のある関係者は<本紙>との通話で「S&T重工業が昨年5月に耐久度試験の条件が厳しいので、試験を中断してほしいと防衛事業庁を相手に異議申し立てをした」、「自分たちが作った基準の問題を持って、信頼度の要求事項がなく合格しなかったかのように主張している」と述べた。

この関係者は「しかし、7月にS&T重工業が突然仮処分の申請を取り下げた」と付け加えた。

S&T重工業の関係者は<本紙>との通話で「現行の国防規格は変速機の寿命を終えるまでの期間である9600㎞で何の欠陥があってはならないということを意味する」、「ドイツの変速機などでも問題が発見されているが、私たちだけ「耐久度の欠陥」ではなく「すべての欠陥」を適用することは厳しい」と主張した。

この関係者は、「昨年からS&T重工業は、国防規格の不合理な部分を正すために変更を要請したが、受け入れられていない」と付け加えた。

続きます

5: ダーさん@がんばらない ★ 2017/09/13(水) 15:35:12.23 ID:CAP_USER
不法封印解除... 「隠したいことがあるのか」

S&T重工業の議論は、これだけではない。去る2月、K2戦車の国産変速機の欠陥原因を精密分析するため、ドイツに送ろうと変速装置をS&T重工業が任意で封印を解除して整備した事実が明らかになり、衝撃を与えた。

K2戦車の国産変速機の耐久度試験の途中、変速装置の内部でC1クラッチの供給圧力が低下する現象が発見され、原因究明のために試験が中断された。以降、国防技術品質院とS&T重工業などは、より正確な原因究明のためにドイツメーカーに変速装置を送ることにして封印処理をした。しかし、S&T重工業の技術者が封印を解除し、独自に原因を究明しようとした。

パワーパック国産化は藥か毒か... 6回脱落した国産変速機

S&T重工業、防衛事業庁が提訴... 「現在の国防規格で量産は不可避」先手

当時、S&T重工業側は「これまで複数回の耐久度試験の中断で戦力国産化のスケジュールに支障をきたしている状況では、少なくとも2~3ヶ月以上かかるドイツの変速機メーカーの一次原因調査結果だけを待つことはできなかった」、「重大な責任を感じていたエンジニアが変速機に設置された封印を解除して開いて見て、C1クラッチ固定用ボルトのヘッド部の破損を確認した」と釈明した。

防衛事業庁は無断で封印を解除して内部の部品を交換し、欠陥を隠蔽しようとしたS&T重工業を刑事告発した。

以下ソース

9: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:36:52.21 ID:SgmmYCwm
名品って誰が言ってるんだ?

246: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 17:13:34.65 ID:xUbUVX4u
>>9
韓国社会

13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:39:42.85 ID:IS915jHL
戦車が墜落って斬新だな

14: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:40:18.81 ID:9dOXoZO6
だいたい実戦評価も受けてないのに名品戦車だなんて過大広告もいいところ

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:42:29.36 ID:kyrQInGH
>>1
黒豹?走らない豚は只の豚w

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:43:14.75 ID:pxmb5hQX
走らないのに名品?
パワーパックとやらを、必要とする戦車が名品?

23: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:43:39.16 ID:TeorMbd1
トルコのアルタイ買えよ

221: テロン人 ◆6w1DfZ/PmY 2017/09/13(水) 17:03:22.24 ID:TEpx2ZMU
>>23
あれもドイツからのパワーパック購入が焦げ付いてるらしい。
三菱から調達するみたいな話も出たが、丸っきりの空振りに終わった。

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:44:06.62 ID:JlqvxSw0
無敵なのは確かだな
永遠に完成しなければ永遠に誰も勝てない

39: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:49:20.84 ID:EzPhCoaQ
そういや吉田戦車の『戦え!軍人くん』てマンガで、
敵軍が投入した新兵器「空飛ぶ戦車」に対抗して
「地を這う飛行機」て爆撃機を開発してたな。

43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:50:34.00 ID:iPitEGYq
パワーパックばかりが取り上げられてるけど
装甲とか射撃管制なんかもケンチャナヨなんだろうな

45: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:51:11.42 ID:yiCCoV4K
トルコのアルタイ戦車はEUの縛りでトルコに直接輸出できないドイツが
韓国を迂回させることで輸出しようと考えて
K2の完成を待っていたのに全然完成しないから
ドイツが開発して表向き同型列と言うことしてトルコに輸出させた
全く別物のドイツ製だと見られています

74: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:00:44.41 ID:+coKzmR3
>>45
トルコ超ラッキーやん
ドイツ製買ったんや?

95: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:07:10.13 ID:9EemqSdT
>>45
ドイツは売ってくれなかった
なのでオーストリアの重機メーカー(戦車製造の実績は無い)と協力して開発する予定だったが、それもクーデター未遂の件で流れた模様

61: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:56:08.64 ID:JgUDRX7k
日本ではスクラップと言います

62: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:56:24.89 ID:p9lspd+r
北の方が優秀だぞ


no title

63: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:56:25.28 ID:gqDlVDWw
>機動力を誇る国産名品戦車「K2黒豹」

パワーパックが欠陥の時点で
動かない国産欠陥戦車「K2黒豹」!!

66: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:57:06.78 ID:K3O6GoX1
>耐久度試験の条件が厳しいので、試験を中断してほしいと防衛事業庁を相手に異議申し立てをした

こういうのは試験前に議論するものであって、実際やってみて出来なかったから文句付けてるようじゃ話にならん
結局のところ仕様要求規格を満たす製品の開発に失敗したに過ぎない

<結論>
・出来ないものを出来ると見栄を張ったメーカーが悪い
・テストすら行っていない段階で戦略に組み込む軍部が悪い
・戦力化しない、または戦力化を断念しない、ずっと保留しているTOPの判断力の欠如
・封印の意味を理解せず、勝手に解除するのはさすがの朝鮮民族

73: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 15:59:42.87 ID:d72/tl92
砲塔の根本がただの箱状態。跳弾しないだろ、これ。
10式戦車と偉い違うもんだな。

98: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:07:39.33 ID:JlxcnZnz
>>73
それについては装甲設計が一昔前のものだからでしょうね。
日本も90式の頃は同じ考えだった。当時の装甲技術では、
APFSDSに対しては避弾経始の考えが通じず、むしろ下手に角度を付けると
防御力が悪化してしまうこともわかったので、各国とも角度を付けない形が主流になった。
でも装甲の技術が更に進んだ結果、再び角度を付けるのが有効という事になり、
10式はあのシャープな楔みたいな形になった。これも各国とも同様の傾向

99: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:07:53.88 ID:4vTiinkQ
走らないのに
名品とはこれいかに

113: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:12:38.21 ID:Pis5oYJs
>>99
走ったら珍品だとばれるからな。

132: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:18:05.37 ID:wh9cTk3N
猫車つけて
人力で動かしたらいいんじゃね

135: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:19:17.72 ID:yiCCoV4K
韓国の場合、計画した時点で完成したも同然になります
開発開始時点のカタログスペックは世界でもトップレベルになるように計画されました
なので名品兵器と呼ばれます
なおベンチマークしたのは90式戦車です

149: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:24:34.87 ID:N2t2MNnj
それより90式2台並べて貫通の大ボラはどうした

157: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:27:54.06 ID:vbXei4/A
>>149
それは、90式の乗員の腹筋の事ニダ。

156: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:27:41.43 ID:yiCCoV4K
もともとは600両生産予定だったので
ずっと昔に600両分の部品が生産されて倉庫にしまってあったそうです
組み立ててパワーパック待ちの戦車が100両どころの話ではないようです
なので予備部品には困りません

191: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/09/13(水) 16:41:30.69 ID:LprbYA63
>>156 ノーベル賞受賞者の銅像をのせる予定の台座を思い浮かべてしまったw

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ



今こそ、韓国に謝ろう
百田尚樹
飛鳥新社 (2017-06-15)
売り上げランキング: 1




ブログランキング参加中!一日一回のクリックをお願いします



このエントリーをはてなブックマークに追加

    カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ