1: たんぽぽ ★ 2017/07/08(土) 06:25:59.92 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183708&ph=0

6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。写真は白菜。(Record China)
[拡大写真]


2017年7月6日、中国のポータルサイト・網易に「日清戦争で日本が中国から奪った物」と題する文章が掲載された。

筆者は「日清戦争(1894~1895年)後、日本は清に対して多額の賠償金と澎湖列島割譲を求めた。日本にとっては大きな収穫だが、これ以外に日本が奪った食物がある。現在に至っても日本人の生活に影響を与えている物だ」と切り出し、その食物の名として白菜を挙げる。文章によると、その栽培の歴史は春秋戦国時代(前771~221年)にさかのぼり、「白菜」と呼ばれるようになったのは宋代(960~1279年)からだそうだ。原産は中国北方で、その後南方に広まったという。

これに続けて筆者は、「日清戦争前に明治政府は白菜栽培を試みたが失敗した」という主旨の解説を行い、日清戦争が日本での普及を加速させたと指摘。「上陸した日本軍が庶民の作った料理を食べ、白菜の味のとりこになった。日本では貴重な白菜を手に入れるために村の家々を回り、中には銃と白菜を交換する者もいた」とした上で、「戦争終結後にその種が日本に持ち込まれた」「今日、白菜は日本の飲食で重要な位置を占めている。白菜によって日本の飲食文化は豊富になったのだ」とつづっている。

43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:12:27.41 ID:v8i8insn
>>3
いや別にいらねーだろそれw

引用元: ・【中国】日清戦争で日本が中国から奪った物、それは今の日本人にも影響[07/08]

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:29:27.38 ID:JvAof7M4
銃と白菜を交換


皇軍がそんなことするわけないだろw


支那の軍隊ではよくあることだがw

48: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:14:46.16 ID:K+uJ8Wuo
>>7
志那の軍隊なら銃で人を撃って白菜を奪うだろ。

85: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:45:35.12 ID:Zqu6ZL4e
>>7
確かにその当時、銃は明治天皇から支給された大事な物として、大事にしてましたからね…

現に、あの八甲田山遭難で、回収した最後銃の数が合わず、焦った軍の関係者は、こっそり数合わせしたらいですから…ですからその当時、それだけ銃は大事にしていた筈で、白菜何かと取り替える何て考えられないですね…

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:38:26.97 ID:oOFQKQDe
逆に白菜みたいなもんしか奪うもんなかったのかと
悲しくなるエピソードだな

23: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:51:43.79 ID:7MolhlWA
>>12
台湾の故宮博物館の目玉が、白菜と豚肉だから、中華民族は、特別に
白菜に入れ込みがあるんだろうと思う。

ただし、奪ったの表現はどうだろう、単なる導入だろうね。

13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:39:36.54 ID:Ze8Q60bm
いや当時に種を持ち帰ったのは良く言われるが、少なくとも定着には失敗た筈だから(ぶっちゃけ生産販売されてない)
結局明治末から大正次期の宮城、愛知がはじまりかと 
まあ味を覚えたから日本での生産に力入れたかもは知らんがね

112: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:01:13.52 ID:hie8AUrf
>>13
中華料理には白菜は欠かせないアル

キャベツで代用しても意外と旨いことに最近気が付いた自分がここにいる

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:44:36.54 ID:YkzP+tO9
銃と白菜を交換した
おかしいな、今までの奴らの言い分だと銃で脅して奪ったんじゃないのか?
主張が自分都合でコロコロ変わるところが大朝鮮だな

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:55:49.96 ID:G9Jl7C0j
白菜、豚肉を一緒に鍋にしてポン酢で食う。
最高にうまい。

29: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 06:57:47.94 ID:Za/1BrwR
「日清戦争前に明治政府は白菜栽培を試みたが失敗した」という理屈があって
何故後に成功した?…という疑問浮かぶし、「試みた」という事は、戦争前既に
日本に入っている訳で「奪った」という主張と矛盾しているぞ。

 だいたい白菜に特別な栽培方なんぞ有ったか?しかも栽培が始まった歴史から
すると、後の遣隋使や遣唐使、更に後の日中交易で幾らでも伝えられていそうな
ものだ。

  どこかの馬鹿国と同じ起源主張を展開する、反日目的の眉唾な記事だな。

38: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:05:32.07 ID:s/D34nDy
韓国の白菜は……

禹長春(ウ・ジャンチュン通名:須永 長春(すなが ながはる)、
1898年4月8日 - 1959年8月10日)は、農学者(農学博士)、
育種学者。 「韓国農業の父」「キムチの恩人」と呼ばれる。

父は乙未事変(朝鮮国王王妃閔妃暗殺事件)に参加した軍人・禹範善。
範善が日本に亡命し日本人女性・酒井ナカと結婚、日本で生まれたのが禹長春である。
出生地については東京赤坂説と広島説がある。育ったのは広島県呉市である。
父の範善は閔妃を暗殺したため、1903年11月24日、禹が6歳の時に
かつて閔妃に仕えていた高永根に呉で暗殺された。

東京帝国大学農科大学(農学部)実科を卒業。農林省西ヶ原農事試験所に就職。
タキイ種苗の研究農場の場長に就任。

1945年、終戦のあと同社を退社。食料難の韓国で禹の呼び寄せ運動が起こる。
タキイ種苗の同僚だった金鐘が「今の韓国に来て種子の問題を解決してくれる人は禹長春しかいない」
と声を上げると、韓国政府・国民挙げての大きな運動になった。

日本生まれの禹は韓国語を話せなかったが韓国行きを決意、妻と子供を日本に残し、単身渡韓した。
52歳の時でした。
李承晩大統領の強い支援も受け、韓国農業科学研究所所長に就任し各地の農村を視察。

中央園芸技術院(国立試験場)院長に就任した1953年には、最愛の母死すの報を受け、
日本帰国を大統領にまで嘆願したが、帰国は叶わないませんでした。
李承晩大統領は禹を帰すと再び韓国に戻らないのでは、と懸念し出国許可を下ろさなかったといわれます。

日本語しか話せず、状況は非常に困難でしたが、
1957年頃には大根や白菜は自給態勢を整えるまでに持っていきました

なお大根や白菜、蜜柑の原種は日本の品種が多く含まれている。

53: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:20:21.45 ID:s/D34nDy
Q.一体いつ日本にやって来たのか?
白菜の歴史は意外に浅く、初登場は明治8年(1875)、東京で開かれた博覧会に中国(当時の清)からの
出品という形でお目見えしました。
その後、日清戦争・日露戦争に従軍した日本の農村出身の兵士たちが、大陸でハクサイを食べ、
種を持ち帰ったのが、全国に広まるきっかけとなったと云われています。

しかし!ここで問題が発生!
輸入種子での栽培は成功しても、その白菜から種を採って植えても白菜は出来ませんでした!
どれもが他の植物に化けてしまったのです。なぜそうなってしまったかは全く分かりませんでした。
だから、大正時代になっても白菜の種子を中国から輸入するしかなかったのです。

どうして白菜の種子が採れなかったのか?
白菜は、アブラナや漬け菜(小松菜・野沢菜)やカブと同じ「種」の植物。
日本に以前からあったアブラナやカブの花粉が、ミツバチや蝶を介して白菜と交じり合ってしまい
白菜にならなかったのです。このことに気づくまでに、実に20年以上の年月がかかりました。長いですね・・・

そこに気付いたのが40年間の努力・仙台白菜の恩人とありますが、宮城県で白菜の研究をされていた沼倉吉兵衛さんです。
沼倉さんは、媒介となるミツバチが海を渡れないことに気付きました。

ならば!
松島湾にある離島で、他のアブラナ科の植物を全部排除した上で、白菜を栽培すれば、
自然交雑が防げて優秀な品種が作りだせるのではないかと考えました。
そうして、「馬放島」というところで、日本で初めて交雑していない種子の生産に成功したのです。

こうした努力の甲斐あって、やがて中国の種に頼ることなく、白菜の種をとることが出来るようになったということです。

80: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:41:49.20 ID:y0fncFqp
>>53
勉強になった。農業って難しいんだな。
でも中国でも条件はそんなかわらないように思えるが、中国ではどうやって白菜にしてたんだろう

87: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:49:13.89 ID:/9inAxfI
>>80
葉物野菜を育てたらチンゲン菜と交雑して玉の様な野菜が出来ちゃった。
もったいないから食べちゃえ。

出来たのは偶然です。交雑しなかったのではなく交雑しまくった結果白菜が出来ました。

55: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:21:33.83 ID:s/D34nDy
朝鮮半島での栽培

朝鮮半島に白菜が持ち込まれたのは伊藤博文が韓国統監府長官を務めていた1909年である。
持ち込まれたのは清国1号という品種で、10年余りの研究の末に朝鮮半島での栽培法が確立されて
朝鮮総督府によって朝鮮半島全土に普及した。この普及と同時に白菜キムチも生まれる事になる。

57: 巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE 2017/07/08(土) 07:26:40.40 ID:zCIEcwuO
>>55 白菜キムチ無かったって言うか伊藤博文に導入して貰って殺して英雄て、
流石は気違いの国。

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:27:04.43 ID:kD8GT9xV
キムチ半島の白菜も唐辛子も日本由来だったのか・・・
唯一の半島の優れた文化なのに。

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:28:23.21 ID:y4a4A0f4
白菜ってチャイニーズ・キャベッジ(キャベツ)ていうもんな
書いてあるとおり日本は白菜の栽培に取り組んだが、
ハクサイが交雑しやすい性質から品種を維持できなかったとされる
で、隔離された小島で栽培を繰り返すことで種子を得られそれを成し遂げた

ちなみに中国は朝鮮への白菜導入を行っておらず、
朝鮮人は「白菜をほとんど口にできなかった」
いまのように「キムチ=白菜」ではなかったことになるw

朝鮮での白菜栽培を始めて成功させて普及させたのが、なんと伊藤博文w

68: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:31:34.63 ID:/9inAxfI
白菜の歴史をググったら江戸時代以前から入ってきていたけど交雑し易く継続した栽培が出来ていなかっただけで何度も日本に入ってきてはいるな。
で、明治時代に成功したのは半結球種、明治末期から大正時代に離島で隔離栽培をおこなってようやく成功したとあった。
ちなみに>>1の日清戦争で持ち帰った物は全部栽培に交雑で失敗している。

73: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:36:42.00 ID:/9inAxfI
>>68 のついで話
朝鮮半島に白菜が渡ったのは1909年でなぜか清からではなく日本で品種改良された清国1号。
白菜も日帝残滓だったりする。

76: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:38:39.80 ID:wbbxQEZn
白菜!!
あ~これマズいわ~ 日中の話で済まなくなるわ~ ww


no title

84: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:45:12.24 ID:/9inAxfI
白菜の起源は中東だよ。
それが海か陸のシルクロードを渡って中国大陸へやってきてチンゲン菜と交雑して半結球種になり、品種改良なのか自然になったのか不明だけど清の時代に結球種になり、日本に渡ってきた。
ルーツがハッキリ分かっている為、韓国が入り込む余地が無いんだよね。

94: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:52:39.23 ID:Jf8YYwyz
日清戦争で結球白菜に馴染んだ日本人は、20年ほど種子を輸入して栽培していた
愛知県篤農家野崎さん開発の野崎系白菜と、官営松島の種苗研究所で育成した
松島交配種の完成をもって完全国産化に成功した

139: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:13:34.74 ID:fQUAnrQF
>>94
なんか良い資料有った。
【引用抜粋】
国産第一号の結球白菜の歴史は、明治8年(1875年)の東京博覧会に端を発します。博覧会には中国(清国)から根付きの山東白菜が3株出品されました。
これが日本に初めてお目見えした結球白菜です。この3株のうち2株を愛知県の植物栽培所が譲り受け、栽培を試みることになります。
でも、2株の白菜から種を採って育てても最初の白菜とは似ても似つかぬ姿に…。
【中略】
そして遂に!明治28年、徳四郎氏が栽培を初めて10年、中国から日本に渡来して20年、日本の地で初めて結球白菜が誕生したのです!
品種改良はその後も進められ、大正6年には県から正式に新品種と認められ「愛知白菜」と命名。そして、さらに純度を高めた「野崎白菜2号」へと発展して行きます。
【以下略】
ttp://hanagokoro.co.jp/btoc/lesson/11170&ei=92HAYT7F&lc=ja-JP

100: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:54:40.83 ID:gxYiB7rr
隔離しないと菜種油用のアブラナと混ざってに化けてしまうし
日本が導入したのも島で隔離栽培された種だったから
清の時代には支那地方でも大して普及していないと思う

102: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:55:04.58 ID:tucQjcVm
奪ったじゃなくて交換じゃん

107: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 07:57:58.79 ID:QP802/0d
仙台長ナス、牛タン同様に、
仙台白菜として名物にすべきだな。(仙台白菜牛鍋、等々)

130: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:09:23.24 ID:WaUQM44I
白菜を奪った?
今まで食べてもいなかった海産物を根こそぎ採ったりしてる支那に言われたところでなぁ

137: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:13:16.43 ID:lR2nj0dI
> 中には銃と白菜を交換する者もいた
銃で略奪したんではなくて交換するのが日本人らしい

152: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:22:58.17 ID:gwL5n+dV
だから時代劇で白菜出すと笑われる。
考証泣かせの野菜

153: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/07/08(土) 08:23:43.56 ID:tucQjcVm
>>152
なんか江戸時代からずっと食っているような感じだがな

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ



今こそ、韓国に謝ろう
百田尚樹
飛鳥新社 (2017-06-15)
売り上げランキング: 1




ブログランキング参加中!一日一回のクリックをお願いします



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ