まーた金文吉さんか。歴史をコリエイトさせたら右に出るものは居ない学者だけど、それを盲信してしまう人が多いだけに厄介。

 今回の反論らしきものは「他国の領土を『告示』で編入させるという発想自体が理解できない」という点に注目。
その史料持って来いで終了、って毎回このパターンだな。



【釜山聯合ニュース】日本は1905年2月22日、「島根県告示第40号」により、独島を自国の領土に編入したと主張する。島根県は同日を「竹島の日」と定め、2005年から記念式典を開いている。

 韓国の学者らはこうした日本の主張について、「とんでもない」などと反論する。韓日文化研究所の金文吉(キム・ムンイル)所長は日本の資料を根拠に、日本側の主張に盲点があると指摘する。

◇告示は実際あったのか
 金所長によると、「島根県告示第40号」の原本を見た人はいない。日本は原本が1945年に焼失したと主張する。現在は2枚のコピーだけが残っている。

 コピーも本物かどうか疑わしいが、詳しく分析する必要があるという。日本にだけ有利な資料ではないという。

 金所長はコピーに「回覧」と記されている赤い文字に注目している。「回覧」は政府や地方自治体が決定事項を公表する前、内部検討のために活用する文書で、公表していない場合は何の効力もない。

 金所長は「具体的な状況を明らかにすることとは別に、他国の領土を『告示』で編入させるという発想自体が理解できない」と指摘した。

◇1905年に編入? 別の資料には「1939年」
 金所長がこうした主張を行うこのは、島根県の博物館で発見した2件の文書のだめだ。

 1939年9月に作成されたもので、島根県の官僚の質疑に対し、隠岐諸島の村長が「竹島を昭和14年(1939年)4月24日」に編入したと回答している。

 編入の時期には重要な意味がある。日本が1905年の編入を主張しているのは、韓国の国権を奪った1910年前に独島を編入したと主張したいためだ。1910年以降に独島を編入していた場合、1945年の日本の敗戦を受け、独島は韓国に返還しなければならない領土になる。

◇日本の漁師 独島編入は非公開に
 独島は1900年代初め、アシカの代表的な生息地だった。当時、日本ではアシカの油や皮で作った製品が人気を集め、日本の漁師たちはアシカ猟が盛んに行われていた。

 島根県の漁業者の中井養三郎が1904年、独島は所有者のいない島とし、島根県への編入を求めたのはこのためだった。

 だが、中井は独島が大韓帝国の領土であることを知っていた。大韓帝国の政府に独島での漁業独占権を請願したが断わられ、無主地と主張して日本の内務省や外務省、農商務省に独島の編入を求めたことが多くの史料で確認されている。金所長は「中井は独島の編入を願い出た際、編入の事実を公表しないよう要請するなど、自分の主張がいかに強引であるかを認識していた」と述べた。

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170221006000882


takeshima
(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



この話題に対し、2chでは以下のような反応があった

ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
no title

李承晩ライン
1952年、韓国の李承晩大統領が行なった、一方的宣言によって規定された領海水域。

同宣言により朝鮮半島周辺(最大二百マイル)の水域内に存在する、
すべての天然資源、水産物を利用する権利を主張した。

日本側はこのラインを認めず、
結局65年の日韓漁業協定で李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続いた。

李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数
抑留者数:3929人
拿捕された船の数:328隻
死傷者数:44人

死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。
赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。

韓国が卑劣であったのは、拿捕した漁民を人質として利用し、
日韓条約を韓国に圧倒的有利な内容で締結させたことである。

日本は、戦後、韓国と付き合いたいと思った事は全く無く、嫌々
賠償金までふんだくられた。 ,


韓国から1905年以前に朝鮮が実効支配していた資料出せばおしまいなのに、出るのは島が見えるとかどうとかいった古文書や古地図ばかりなんだよな。


だったら国際司法裁判所に提訴してくれ
日本は応じるから


竹島は日本固有の領土


国際法に加盟してなかった土人国家だったニダ
誇らしいニダ

なんかもう土俵が違うんだよな


他国の領土で無く無主地を編入したのだし
1905に国として編入して
1939に隠岐の行政区分に統合しただけでしょ


まあ、なんだ
ハーグでお話を聞こうじゃないか(笑)


SF条約を否定する資料にはなりません
残念!
やり直し!!


古い話なんてどうでも良い。
朝鮮人は「ラスク書簡」を覆せる理論を持って来い。


何度言ったらわかるんだ!

お前らが独島とか勝手に呼んでる島は鬱陵島の隣にある竹嶼の事だ


俺は別に構わんよ、もう竹島は韓国領でも。
日本に取り戻したところで、俺ら日本国民一般のサラリーマンにとって
実生活で何か特別大きなメリットあるわけじゃないしね。
それこそ竹島返せ的なデモや運動に参加したところでカネがもらえるわけじゃないし。
何の得もない。
だから大半の日本人皆、竹島に興味ない。


そんな奴がイチイチ2chの東亜板に書き込みするかっつーのw


竹島を南朝鮮にくれてやる事で得られるメリットも無いけどな


へーへーそーなのかー
『日本に属する島だ』としたのと、その『国有』の島を『島根県に編入』したのとは話が別なんだけど?
ところで、韓国側の主張の方は『独島』と『竹島』を勘違いしてるぞ。


(´・ω・`)つ


韓国に歴史学者は存在しないんだから
何言っても無理


相変わらず「独島は韓国のものだ」といいながらその根拠は日本の
資料ばっかり、韓国側で鉄板資料出せば日本はすぐ黙るのに。
慰安婦でもそうだが記録を取らなかったご先祖様でも恨んでろ。


朝鮮丸ごと日本に併合されて、ありとあらゆる古地図のすべての場所が日本領土になってるだろ。
そのあとSF条約で韓国領土として明示的に切り離していない部分は全て日本領土のままだ。

それが全て。古地図系は一切何もかも全く全然ちっともさっぱり無関係。全てその後リセット済みのものだろうが。


大韓地誌
大韓地誌(だいかんちし)は、帝政時代の李氏朝鮮(大韓帝国)で編纂された地理書。1899年に書家として知られる玄采が著した。
日韓双方が領有権を主張している竹島(韓国名:獨島)を巡る問題で、この大韓地誌に記載されている領域が問題になっている。
それはこの書籍には、大韓帝国の領域は北緯33度15分から北緯42度25分、東経124度30分から東経130度35分までと記している
が、実際の竹島の位置は北緯37度14分、東経131度52分であり、大韓帝国の領域に入っていない。


安倍が上手くやればトランプは竹島は日本領と言いそうだけどな
ちょっと頑張ってみ


普通に米国は、竹島を日本領土と認めてるよ

しかし何で、こう反論とか言うのに
ハーグに出てこないのか、不思議だよなぁ


 > 金所長は「具体的な状況を明らかにすることとは別に、他国の領土を
 >『告示』で編入させるという発想自体が理解できない」と指摘した。

テメエラ朝鮮人は何の証明もせずに「他国の領土」などと言い張ってるじゃないか。
日本は少なくとも客観的な証拠を提示してるんだよ。
朝鮮人は何の証拠もないのに「他国の領土を勝手に・・」とわめいてるんだから
自分でおかしいと思わんのか?


今日は竹島の日か、3月1日は三一節とかいう韓国のテロリスト賛美の日でしょ
ちょっと用日に傾いてきてた反日が捗るな
我々は、極悪犯の在日を日本に押し付け、多くの日本人漁師を人質に竹島を強奪した韓国の所業を忘れない


朝鮮人は泥棒
take2


江戸時代の高札の「右嶋」を右(地図上で東)にある島と解釈する文吉さんだから
保坂以上の電波度で有名


竹嶼と竹島の区別がついていないのでしょw


いつもながら捏造韓国の最先端を走るね、金文吉は。

【竹島問題】釜山外国語大学の金文吉教授、「日本は独島海域で操業した自国の漁民を処刑した」[11/02]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162453520/

↓コイツの妄言のせいで、テロ発生
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1257406311/-100
【日韓】 「対馬は韓国領」 ~日本大使館放火未遂で韓国人の男を拘束 [091105]

http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1247282574/-100
【韓国】「対馬島(テマド)はウリの領土」… 与党ハンナラ党の許泰烈(ホ・テヨル)最高委員が国会内で討論会開催 [090710]
釜山外語大の金文吉(キム・ムンギル)教授は、16世紀の朝鮮王の玉璽が捺された官職任命状、
18世紀に日本で製作された朝鮮八道地図、対馬島固有言語のハイル文字の表記がハング
ル起源だという研究結果等を通じて、対馬島が朝鮮の一部だったと主張した。


大韓地誌だけじゃないですよ

竹島は<東経131度52分>,北緯37度15分に位置する島。
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=371425&l=1315201 (←ダブルクリックで経緯度表示)
http://denshikokudo.jmc.or.jp/
no title

no title



NO.  年次   著者    著書       韓国の東限<東経>

(1) 1874年 シャルル・ダレ「韓国の教会の歴史」 130度50分☆
no title

(2) 1876年 瀬脇寿人「鶏林事略」  130度35分
no title

(3) 1880年 坂根達郎「朝鮮地誌」  130度45分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010308&VOL_NUM=00000&KOMA=5&ITYPE=0
(4) 1882年 榎本武揚「朝鮮事情」  130度50分
no title

(5) 1887年 小松運「朝鮮八道誌」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010318&VOL_NUM=00000&KOMA=10&ITYPE=0
(6) 1889年 英国百科事典「チェンバーズ百科事典(Chambers' encyclopaedia)」新版 第3巻 p.476  130度30分☆
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima08/2007/record200902.html
(7) 1890年 高木怡荘「外国地理」  130度
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005768&VOL_NUM=00000&KOMA=68&ITYPE=0
(8) 1891年 谷口流鶯「受験応用万国小地誌」  130度
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40006089&VOL_NUM=00000&KOMA=23&ITYPE=0
(9) 1893年 ラニエ・ルシアン(Lanier Lucien)「L'Asie」  129度34分☆
no title

(10) 1893年 永田健助 新体地理全誌(東経百二十四度三十分より百三十二度三十五分の間に??し,其境界東は日本海に瀕し)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005891&VOL_NUM=00001&KOMA=154&ITYPE=0
(11) 1894年 岩崎茂吉「朝鮮地理圖」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40011021&VOL_NUM=00000&KOMA=4&ITYPE=0
(12) 1894年 松本仁吉「朝鮮地誌要略」 130度
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010309&VOL_NUM=00000&KOMA=7&ITYPE=0
(13) 1894年 林正「新撰朝鮮国地図」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010953&VOL_NUM=00000&KOMA=7&ITYPE=0
(14) 1894年 大田才次郎「新撰朝鮮地理誌」  130度35分
no title

(15) 1894年 水路部(現・水産庁)「朝鮮水路誌」  130度35分
no title


(16) 1894年 足立栗園「朝鮮志」  130度36分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010294&VOL_NUM=00000&KOMA=6&ITYPE=0
(17) 1894年~1897年 イザベラ・バード「朝鮮紀行」  130度33分☆
http://www.archive.org/stream/koreaandherneig02birdgoog#page/n28/mode/1up
(18) 1894年 秋山四郎「外国地誌」  130度40分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005746&VOL_NUM=00000&KOMA=16&ITYPE=0
(19) 1895年 白南奎・李明翔「士民必知」  131度★
http://www.flickr.com/photos/21594572@N08/5243075712/in/photostream/#/
(20) 1899年 玄采「大韓地誌」  130度35分★
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima08/2007/record_20070910.data/1.JPG
(21) 1899年 岩崎重三「新式万国地理」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005867&VOL_NUM=00000&KOMA=24&ITYPE=0
(22) 1900年 山上万次郎「新撰大地誌 前編(世界之部)」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005873&VOL_NUM=00001&KOMA=50&ITYPE=0
(23) 1901年 恒屋盛服「朝鮮開化史」  130度35分
no title

(24) 1901年 玄采「大韓地誌」  130度35分★  △詳細画像未確認
http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2007/10/1901-daehanjiji-map-of-gangwondo.html
(25) 1902年 永田健助「高等地理学講義」  131度
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005806&VOL_NUM=00000&KOMA=82&ITYPE=0
(26) 1902年 武田鶯塘「新撰世界地理問答」  130度40分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005951&VOL_NUM=00000&KOMA=26&ITYPE=0
(27) 1903年 葛生修吉「韓海通漁指針」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40034152&VOL_NUM=00000&KOMA=40&ITYPE=0
(28) 1903年 農商務省山林局「韓国森林視察復命書」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40063553&VOL_NUM=00000&KOMA=20&ITYPE=0
(29) 1904年 矢津昌永「韓国地理」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010246&VOL_NUM=00000&KOMA=6&ITYPE=0
(30) 1904年 岩永重華「最新韓国実業指針」  130度35分
no title

(31) 1904年 山本庫太郎「朝鮮移住案内」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40033107&VOL_NUM=00000&KOMA=14&ITYPE=0
(32) 1905年 岡部福蔵「日本民族の新發展場萬韓露領地誌」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010538&VOL_NUM=00000&KOMA=12&ITYPE=0
(33) 1905年 田淵友彦「韓国新地理」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010243&VOL_NUM=00000&KOMA=11&ITYPE=0
(34) 1905年 野口保興「世界地理」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=43056167&VOL_NUM=00000&KOMA=22&ITYPE=0
(35) 1906年 農商務省水産局「韓国水産業調査報告」  130度35分 
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40034159&VOL_NUM=00000&KOMA=48&ITYPE=0


(36) 1906年 張志淵など『大韓自強会月報』第三号(光武十年七月一日発刊)  130度35分★
no title

(37) 1906年 玄采「大韓地誌」  130度35分★
no title

(38) 1906年 野口保興「世界大地誌」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40005942&VOL_NUM=00001&KOMA=55&ITYPE=0
(39) 1907年 野口保興「世界地誌」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=43056187&VOL_NUM=00000&KOMA=22&ITYPE=0
(40) 1907年 徳永勲美「韓国総攬」  130度35分  △画像なし
http://www.lib.hokudai.ac.jp/cgi-bin/hoppodb/record.cgi?id=0E010338000000000
(41) 1907年 小林杖吉「外国地理表解」  130度35分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=41019026&VOL_NUM=00000&KOMA=20&ITYPE=0
(42) 1907年 「新編大韓地理」(鬱島.(中略)北緯百三十度四十五分至五十三分東経三十七度三十四分至三十一分X在)★
no title

(43) 1907年 安鍾和「初等大韓地誌」  130度58分★
no title

(44) 1907年 張志淵「大韓新地志」  130度58分★
no title

(45) 1907年 日本海軍「朝鮮水路誌」第二改版 (鬱陵嶋松島 130度53分)
no title

(46) 1907年 金夏鼎「大韓新地理學」 130度58分★
http://db.history.go.kr/url.jsp?ID=ma_05_003_0180
(47) 1908年 安鍾和・柳瑾「初等大韓地誌」  130度58分★
no title

(48) 1909年 農商工部水産局「韓国水産誌」(一巻) 地理編  130度42分
no title

(49) 1909年 農商工部水産局「韓国水産誌」(二巻) 鬱陵島編  130度54分
no title

(50) 1909年 鄭寅琥「最新高等大韓地誌」  130度35分★
http://search.i815.or.kr/ImageViewer/ImageViewer.jsp?tid=co&id=3-005112-000 (7/150)
(51) 1909年 「大韓協会会報第12号‘地誌’」 130度35分★
http://db.history.go.kr/url.jsp?ID=ma_02_012_0170
http://s04.megalodon.jp/2008-0403-1948-19/db.history.go.kr/url.jsp?ID=ma_02_012_0170 [cache]
(52) 1910年 野口保興「韓国南満洲」  130度38分(注:他資料の引用も有り)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010251&VOL_NUM=00000&KOMA=8&ITYPE=0
(53) 1911年 統監府農商工部「韓国通覧」  130度54分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010247&VOL_NUM=00000&KOMA=15&ITYPE=0
(54) 1910年 地理研究会「朝鮮新地理」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010306&VOL_NUM=00000&KOMA=7&ITYPE=0
(55) 1910年 足立栗園「朝鮮新地誌」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010305&VOL_NUM=00000&KOMA=10&ITYPE=0


(56) 1911年 三省堂・亀井忠一「朝鮮及南満洲地理教授備考」  130度54分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40040250&VOL_NUM=00000&KOMA=3&ITYPE=0
(57) 1911年 井原儀「最新日本地理資料」  130度54分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40006353&VOL_NUM=00000&KOMA=162&ITYPE=0
(58) 1911年 矢津昌永「大日本地理集成」  130度58分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40006504&VOL_NUM=00000&KOMA=513&ITYPE=0
(59) 1912年 日韓書房編集部「最新朝鮮地誌」  130度54分
http://farm3.static.flickr.com/2072/2380876718_58d370c6a7_o.jpg
(60) 1912年 北垣恭次郎「小学地理教材」  130度54分
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40040222&VOL_NUM=00003&KOMA=53&ITYPE=0
(61) 1915年 太白狂奴(朴殷植)「韓国通史」  130度50分★
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima08/2007/record200812.html
ttp://blog.naver.com/giootivaxa/100095486432
(62) 1917年 越智唯七「新舊對照朝鮮全道府郡面里洞名稱一覽」  130度54分
http://www16.tok2.com/home/otakeshimaoxdokdox/Japan%20records/1917.NewOldKoreaplaceofnamelistUldoeasternmost.jpg
(63) 1918年 藤戸計太「最新朝鮮地理」  130度54分 △画像なし
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/gaichi/doc/0E010315000000.html
(64) 1929年 「朝鮮?輿勝覽」  130度58分★
http://sites.google.com/site/takeshimaliancourt/Home/korea-eastern-most-territory-ulluengdo-excluded-liancourtrocks/5-6.jpg?attredirects=0
(65) 1936年 朝鮮総督府「朝鮮現勢便覧」  130度56分23秒
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/binran-1935/04.jpg
(66) 1945年 慶北地理學會「中等地理(地理学中学校)」  130度56分★
no title

(67) 1947年 崔南善「朝鮮常識問答」  130度56分23秒★
no title

(68) 1948年 崔南善「朝鮮常識」  130度56分23秒★
no title



★は韓国側の史料
☆は日本・韓国以外の史料

いずれの史料でも竹島が韓国領に含まれたことは一度もありません。


>金所長によると、「島根県告示第40号」の原本を見た人はいない。

これが原本じゃないと言い張ってるんだけど

no title


>金所長はコピーに「回覧」と記されている赤い文字に注目している。「回覧」は政府や地方自治体が決定事項を公表する前、内部検討のために活用する文書で、公表していない場合は何の効力もない。

回覧のスタンプは主任が回覧したってスタンプだろ?
それの何が不満なんだよ?
それを押してこの告示書で告示してるわけだろ?

何を因縁つけようとしてるのかサッパリわからん


韓国の反論資料て大体が日本の資料を使ってないか、普通なら韓国に独自の資料が有るはずだろう。


無いから捏造・改ざん、ヒデヨシガー日帝ガー(笑)


また認知バイアスかよ


んで、日本が編入する以前に朝鮮が竹島を領土とした資料は?

いつもの位置関係がメチャクチャな地図だけ?


レスの引用元: 【日韓】「竹島の日」? 韓国学者が日本の主張に反論[02/22]

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ




ブログランキング参加中です 皆さんのクリックで順位上昇中!



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ