aku
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:43:35 ID:4rr
クラシック、就中オペラでは悪役に最も魅力的な音楽が与えられている事が多いやで~
その中から、僕が特に魅力的だと思う悪役の動画を貼っていくやで~

引用元: ・悪役が魅力的なクラシック音楽を貼っていくやで~

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:43:46 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=gmFLmkbMsbI


ムソルグスキー ホヴァンシチナ(ショスタコーヴィチ版)よりシャクロヴィートゥイと代書屋の対話
「ソドムとゴモラみてえに堕落しきった街だ!ええい、何て忌々しい時代だ!」
「代書屋よ、仕事があるぞ、密告書を書け!
ホヴァンスキー公の一族が謀反を企てているとな!」

ピョートル大帝の躍進の陰に前に消えていった貴族たちや旧教徒らの悲劇を描いた群像劇、
ホヴァンシチナより、ピョートル大帝の密使として暗躍するシャクロヴィートゥイのアリアや
彼が代筆屋に書かせた一枚の密告書からすべてが始まるんやが、
このシーンは彼がいかなる人物であるかを雄弁に物語る、
短いが重要なシーンやで

3: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:43:56 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=KLzAst6JZqg


ムソルグスキー ホヴァンシチナ(ショスタコーヴィチ版)よりシャクロヴィートゥイのアリア
「銃兵隊どもはねぐらで寝静まっている、ルーシの民も眠りに落ちておる、
だがルーシよ、そなたの仇は片時も微睡んではおらぬぞ……
おお、ルーシ、愛しき祖国よ、そなたは何と悲しい運命にある事か、
誰がそなたを苦しみより救ってくれるというのか?」

シャクロヴィートゥイはもちろん劇中では悪役として描かれているが、
彼が単なる悪役ではないことを示すのが、
このロシアオペラ史上最高のアリアやで
彼が歌うルーシへの熱烈な愛、この曲こそホヴァンシチナの心臓であり、
ムソルグスキーが訴えたかった事やで

4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:04 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=gvT9cBmdDvE


シャクロヴィートゥイのアリア(RK版)

ホヴァンシチナは未完のまま作曲家が死んでしまったので、
後世の作曲家によって編曲されて世に出たんやが、
RK版とミーチャ(ショスタコーヴィチ)版の二つがあるやで
何でこの美味しい箇所をカットしたんや?と疑問に思うところもあるが、
「主よ、無限の王国より罪深き我らの世を見下ろしたもうお方よ、
ひそやかな心の苦しみを知りたもうお方よ、
願わくばルーシを救う勇士を遣わしたまえ……」のところにつけた管弦楽だけは、
ミーチャ版を凌駕していると思うやで

5: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:13 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=d8D1bdm42yM


シャクロヴィートゥイのアリア(RK版)

RK版では、この歌唱が最も魅力的だと思うやで
これがカラーで残ってさえいれば……

6: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:20 ID:RnF
懐かしいな

7: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:26 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=X7JUbJWSKrY


ホヴァンシチナ(ショスタコーヴィチ版、フィナーレはラヴェル&ストラヴィンスキー版)

ホヴァンシチナはできれば全て聴いてほしいので、
全曲盤も貼るやで
今は亡きアバドの最良の演奏がここにあるやで

8: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:35 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=o4PZSgJhrsA


ボリス・ゴドゥノフよりシュイスキー公と貴族たちの対話
「シュイスキー公がおられぬは無念、彼奴は裏切り者だが、おらねば会議にもならぬ!」
「お待たせいたしました、気まぐれなツァーリに仕えるのは、実に神経がすり減る事です」
「恥を知れ公よ、その年でかような裏切りをはたらくとは!」
「おお、なぜ私だけがかように責められねばならぬのか!」

ボリスも貼らなきゃ(使命感)
この作品で悪役をどう定義づけるかは意見が分かれるところやが、
シュイスキー公はボリスの廷臣でありながら、偽ディミトリー事件の後にツァーリとなる人物なので、
彼を悪役と見做すことも可能やで
この演奏、実に憎々しげに、狡猾で誇り高い貴族を描写していて、いいゾこれ~

9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:45 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=8C11USkCL-8


ボリス・ゴドゥノフよりマリーナ姫と僭称者の対話
「殿下、お許し下さいまし、わたくしの失言も、すべては貴男様を思う愛より出でたと思って下さいまし、
この哀れな女など忘れ、モスクヴァの玉座へとお向かい下さいまし」
「マリーナよ、愛を偽らないでおくれ、裏切らないでおくれ」
「愛しておりますわ、わたくしの殿下、わたくしのディミトリー様」
「おお、マリーナよ、もう一度言っておくれ、愛の言葉を聴かせておくれ!」

真っ当に解釈するなら、ボリスの悪役はディミトリー皇子を名乗る僭称者と、
彼をたきつけるマリーナ姫やろな
この箇所、訳していて、
蜜のような言葉の甘さと、そこに秘められた蛇のような真意とのギャップがすっげえ楽しかった(こなみかん)

10: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:44:55 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=VUdUhbByvbQ


ボリス・ゴドゥノフ(折衷版)

ボリスは魅力的なオペラなので、ホヴァンシチナ同様できれば全て聴いてほしいやで
1869年版と1872年版の二つがあるが、
この動画はその二つのいいところどりの折衷版やで
ホヴァンシチナもそうやが、アバドはムソルグスキーではほんといい仕事してくれたや

11: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:45:10 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=7Yc0rxYmM4Y


ヴァーグナー ローエングリンよりオルトルートの願い
「冒涜された古代ゲルマンの神々よ、あたしに力を貸して!
あたしに復讐を成し遂げる力を与えて!
ヴォータン様、フライア様、お願いよ!」

おとぎ話に取材したヴァーグナーのローエングリンでは、
古代ゲルマンの古い神々を信仰するオルトルートという人物が悪役として登場するやで
邪悪な魔女として描写される彼女やが、
実は作曲家本人は彼女にこそ共感を覚えていたのでは?と思うほどいい場面を与えられているやで

12: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:45:21 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=LpzyFNvNUsg


ヴァーグナー ローエングリンよりオルトルートの叫び
「故国へ帰るがいいわ、傲慢な勇士様!
バカな小娘、あんたには感謝していてよ、
あんたのおかげで、あたしの悲願が叶うのだから!」

これも訳していてすっげえ楽しかった(KONAMI)
オルトルート姉貴は本当魅力的な悪役やで~

13: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:45:31 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=bZsOogIGM3M


ヴァーグナー ニーベルングの指環、神々の黄昏よりハーゲンの家臣召集
「ホイホー!ギービヒのうからよ、武器を取れ!
一大事だ、疾く駆けつけよ!」

ハーゲンは父アルベリヒの復讐のための道具として生まれ、
本人もそれを自覚して動いている、ある意味では哀れな存在なんやが、
悪役としては実に魅力的で、ある意味ジークフリートやブリュンヒルデ以上に印象に残る役やで
このシーンなど、どうしてもだれがちな第二幕を引き締める、見せ場やで

14: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:45:41 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=TqOZOHW0-SU


モンテヴェルディ ポッペアの戴冠より
「貴女だけを見つめ」 ※ただしベネデット=フェラーリ作曲説あり

主役が悪役と言う、バロックとしては異例の作品や
自分たちの愛欲のために他人を踏み台にするポッペアとネロは褒められたものではないが、
音楽が素晴らしいので、そんなことはどうでも良くなるや

15: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:46:01 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=iIX6-aI_Tuk


モーツァルト ドン・ジョヴァンニよりシャンパンの歌
「酒が回ったら次は踊りだ、広場に行ってかわいこちゃんを連れてくるんだ、俺の為にな!」

ドン・ジョヴァンニは悪役ではなく、
真に女性を愛することができず、それゆえに女性を求め続ける不幸な男性と解釈するのが最近の流行りやが、
モーツァルト自身の曲のつけ方を見ると、やはり彼は悪役と解釈するのが真っ当だと思えるで
僕にも金と権力と女性を引き付ける魅力があったら彼のような自堕落な生活をしてみたいものやで(届かぬ想い)

16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:46:10 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=m5yPtg5fuEM


モーツァルト 魔笛より夜の女王の第二のアリア
「復讐の心は地獄のように胸に燃え、死と絶望が私の身を焼き尽くす」

お待たせ!みんなが聴きたかったであろう曲を貼るよ!
最初は娘を浚われた悲劇の母親として描写されているのに、
なぜか第二幕では悪役扱いされるクッソ哀れな登場人物や
カルトの教祖に異を唱える人が何故悪役扱いされるのか、私には理解に苦しむね

17: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:46:20 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=Y4GTxl_QLRw


ヴェルディ ドン・カルロよりエーボリ姫のヴェールの歌
「美しいサラセンの宮殿の庭に、ヴェールを被った乙女が佇んでいた、
星空を見つめ、静かに座っていた、そこへスルタンが現れ……」

エーボリ姫は本来は善良で純粋な人物なんやが、
裏切られた愛の為に、結果的に悪役になってしまうクッソ哀れな(二度目)登場人物や
彼女の女性としての魅力は、この一曲に凝縮されているやで~

18: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:46:32 ID:4rr
https://www.youtube.com/watch?v=uAa6gZGR9kM


プッチーニ トスカよりテ・デウム
「警吏を3人、馬車を一台出せ、トスカの後をつけるのだ……
トスカよ、お前は俺から逃げられないぞ……
早くあの女が俺の腕の中にうなだれるのを見たいものだ……」

プッチーニのオペラでは悪役は悪役としてきっちりと描かれているやで
ぐうの音も出ない畜生、だがそれがい

19: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)18:46:44 ID:4rr
ご覧になって下さってありがとう
〆はこれやで~
https://www.youtube.com/watch?v=of6DYQVlwtU


シャリーノ 私の裏切りの瞳より「あの男と密通していたな?」

ジェズアルド事件に取材したオペラや
現代人のモラルで言えばこのオペラの悪役は客人と密通する伯爵夫人なのだろうけれど、
オペラでは伯爵が悪役として描かれているやで
不協和音が怖い(粉みかん)

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ





ブログランキング参加中です 皆さんのクリックで順位上昇中!



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ