引用元: ・【東京新聞】社説:マイナス金利 追い込まれての弥縫策(びほうさく)[H28/1/31]

1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/01/31(日)11:41:09 ID:???

びほうさく【弥縫策】 一時的にとりつくろう策。 一時の間に合わせの策。


 日銀が追加緩和で決めたマイナス金利導入は、
決定会合での賛否拮抗(きっこう)が示すように効果が疑問視される弥縫策(びほうさく)だ。

物価上昇目標の達成時期がまたも先送りされ、デフレ脱却は遠のくばかりだ。
 賛成五、反対四。日銀の最高意思決定の場である金融政策決定会合の票数がすべてを物語っている。
正副総裁の三人を除けば審議委員の大半が反対したのである。

 マイナス金利の導入について黒田東彦総裁は、つい十八日の国会答弁も含め一貫して否定してきた。
それが一転、「量的・質的緩和に金利を加えた三次元緩和によりデフレマインドを払拭(ふっしょく)したい」と
言説が変わった。量的・質的緩和の限界を逆に印象づけた。

 マイナス金利は、民間銀行が日銀の当座預金に預けるお金の金利(付利)をマイナスにすることで、
日銀預金をやめ企業への貸し出しなどを促す狙いだ。

金利が一段低下するが民間銀行は利ざや縮小で収益が減る。このため貸出金利の引き上げに動き、
かえって実体経済を悪化させるおそれがある。

 そもそも、これだけ超低金利の資金をあふれさせても企業の資金需要が高まらないのだから、
マイナス金利による貸し出し増の効果などは限定的ではないのか。
 それでも日銀がマイナス金利に踏み切らざるを得なかったのはなぜか。
それは物価上昇目標の達成時期を先送りするのに何も追加緩和策をとらなければ、政策の本気度が疑われるからだろう。

(中略)

すでに昨年十月に、達成時期を先送りしながら金融政策を維持したことで、
市場から「異次元緩和は論理が破綻した」と批判が出たのである。
 日銀は今回、同じ轍(てつ)は踏まないよう「目先を変える追加緩和策」を講じるとともに、
三月の追加金融緩和を示唆している欧州中央銀行(ECB)と歩調を合わせ、
国債などを大量購入する量的緩和策の拡大を行う可能性を残したともいえる。
 とはいえ日銀が大量購入してきた国債は流通量に不安がある。何より金利が上がれば(国債価格は下落)、
日銀に積み上がった国債は損失を抱え、結局は国民負担となる。
現実的な物価目標に見直すなど早期に軌道修正すべきだ。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
東京新聞 1月31日付け
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016013102000112.html?ref=rank

(以下ネットの反応)
←こちらをクリックで応援願います(`・ω・´)ゞ
 ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)11:47:20 ID:rT1
反対派はマイナス金利の導入自体にケチ付けていたわけではなく、導入時期で反対を投じたようにコメントからは読みとれたがな。

3: へんくつ者 2016/01/31(日)12:06:51 ID:5Qh
民間銀行が日銀の当座預金に預けるお金の金利がこれまでプラスだったということは、民間銀行はなんにもしないでも金が入ってきたということか?

9: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:47:53 ID:i48
>>3
そうそう
だから製造業やサービス業が苦しむ一方
銀行は過去最高益を更新し続けた
預金者には何も還元しないままね

4: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:08:02 ID:Mv4
これからは銀行からお金を借りやすくなるってことか

5: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:08:37 ID:i48
なあに、で検索すると頭狂新聞の例の記事がトップに来る

6: ツチノコ狩り 2016/01/31(日)12:24:37 ID:4oe
二年後が楽しみだな

7: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:30:19 ID:87N
だからといって株は買わないけどね

8: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:46:40 ID:zOY
東京新聞がいかに自分らの提案する経済政策に自信があろうと、
真面目に聞く気がいっこうに起きないのはなぜだろうか

12: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)13:16:07 ID:9nj
>>8
東京新聞だからだろ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)12:50:30 ID:j7l
時間外の引出しなんかで手数料取られたら、雀の涙ほどの利子なんかすぐ吹っ飛ぶもんな…。

11: 【中吉】 【394円】 2016/01/31(日)12:56:01 ID:Gfi
追い込まれてんのはお前ら売国奴だろ。

13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)13:19:26 ID:em6
売国新聞が吼えてるな

15: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:15:00 ID:2Yf
マイナス金利は正しい。

なぜなら。

「金利がプラスになる論理的根拠は存在しないから」だ。
「なぜ金利はプラスなの?」と聞かれて、論理的にその根拠を説明できる者はどこの世界にも存在しない。

そもそも前提として
「カネはプラス金利によって一方的に、無限に増大する」。
n 期末の元利合計は、次式になる。
【n 期末の元利合計 = 元金×(1+利率)^n】

これは「等比数列」であり「指数関数」として一方的にカネが増大することを意味する。
そして、当該通貨が長期間運用されればされるほど「マクロで見たときの当該通貨の総量」は激増し無限へ発散する。
この「指数関数(複利計算の数式)」は「日本では高校の数学で学ぶ『日本国民の常識』」。

つまり、「当該通貨を長く使えば使うほど、『その通貨の価値の裏づけが無限に必要となる』」。
これは考えるまでもない当然の帰結。


さて。
「通貨の運用期間が長いほど『裏づけとなる価値』も無限に必要」であることが高校数学で明白なわけだが、
「通貨を裏付ける『価値』」を「そもそも無限に生み出せるのか」?

そんなことできるわけがない。だから「裏づけとなる『価値』」を奪い合う。
それが「貧富の差の本質」であり「戦争の本質」であり「人類の歴史の本質」であり「人類そのものの本質」だ。

つづく

16: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:15:37 ID:2Yf
>>15のつづき
ヒトが生み出す「価値」には限界がある。
一日は24時間しかないし、労働力は有限だ。どれほど一生懸命休み無く働いてもどれほど業務を効率化しても限界が来る。
大人の男だけでなく「女の社会進出」で女を働かせても子供をバイトで働かせても、「無限に増える『カネ』」は
時間がたてば立つほど増加率を激増させて必ず労働力をブチ抜いてしまう。

例えば。日本の個人金融資産1700兆円のうち、団塊世代は純資産の9割を支配している。
平均金利を1%と仮定した場合、毎年17兆円の90%、約15兆円を団塊が支配している。

これは「団塊世代のために現役世代が昨年よりも15兆円ぶん余計に働いた」ことを意味する。


団塊は退職後の再雇用などで自分の資産に手をつけずに若者から仕事と給料を奪って暮らしているから
15兆円がそのまま資産に再投資された場合、この15兆円も「プラス金利を生む」から
翌年は「もともとの15兆円分+(15兆円分のプラス金利のうち9割である13兆円)」つまり
「2年目は合計28兆円」を裏付けるために日本人の現役世代が働かなければならない。

プラス金利が続く限りこの増大は止まらず現役世代を奴隷として使いつぶすことを意味する。
高度経済成長時代はそれでも日本は成り立っていた。
「日本の高度成長期に、年寄りは戦争出ほとんど死んでいた」つまり「団塊世代にとっての『団塊世代』は存在しなかった」。
だから「団塊世代が働いた『価値』はそのまま団塊自身が団塊自身のために再投資してさらに資産を増やすことができた」から。

そして1970年代には警鐘が鳴らされていたにも拘らず少子高齢化を放置し、
官僚は人口推計から知っていたのに何の対策もせず、寧ろ「女の社会進出」を煽り立てて少子高齢化を後押しし、
政治家はそもそも何が起きているのか理解するおつむのレベルを持っていない無能どもで。

そして日本は「無限へと向かってプラス金利で指数関数的に激増する『カネ』」を支えることに限界を迎えている。
つづく

17: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:16:13 ID:2Yf
>>16のつづき
このように「無限へ向かって激増する『通貨』」を「現実存在である『価値』」と等価交換すること自体が「通貨に内在する本質的詭弁」にほかならない。

では、この詭弁はどうやって隠蔽されるのか?

それに対する解答が、社会における「貧富の差」「カネを持つものによるカネ(価値)の独占」つまり「他人から『価値財』を奪う」であり、
「戦争による『他民族』『他国』からの略奪」であり「制度的・社会的・金銭的『奴隷』の創出」。

つまり「ヒトが、自分が持つカネに対して『価値の裏づけ』を確保しさらに『プラス金利』で儲け続ける為に
    他の「ヒト()」から『価値の裏づけ』を奪い合うその連鎖」こそが「人類の歴史」であり「ヒトの本質」。

うわべではどれほどの綺麗事を並べようとも、「プラス金利」を続ける限り「価値の奪い合い」は終わらない。
そしてヒトは「プラス金利」をやめられない。

なぜなら「自分が働いて稼ぐよりも、『カネを独占してプラス金利を名目に他人を使い潰してさらに儲ける(金利で生活する)』ほうがラクだから」www

つづく

18: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:16:44 ID:2Yf
>>17のつづき
本来、宗教はこの点を問題にすべきだった。
どれほど高邁な思想を弄んでも、「プラス金利のもたらす現実」には何の意味も価値も無い。
「プラス金利で他人を使って自分の暮らしを成り立たせる考え方こそが全ての争いの本質」であることを語り、
「他人を使って暮らす」その傲慢をこそ戒めるべきであった。

これをやったのがイスラム教であり、「プラス金利を厳しく禁止」するコーランの教えであった。
しかしイスラム教はなんだか経済以外の問題が多すぎて社会として安定して機能しているようには思えないのが残念なところか。
また、イスラム教にも抜け道が無いこともないのでプラス金利に近い形で利益を手に入れる運用も一応あるからなんとも言えない。

結論として「何故プラス金利が生けないのか」を正面から論証するような議論は人類史においてほぼ皆無であり、
在ったとしても日の目を見ない全くの非主流・窓際学説に過ぎない。

つまり「人類は他人を働かせてその上前をはねて生きてゆきたい(自分が働くことなくプラス金利で暮らしたい)」ってこと。
だから「人類の争いは永遠に終わらない」。

つづく

19: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:18:29 ID:2Yf
>>18のつづき
この「プラス金利」に対して「金融緩和」や「量的緩和」は「何の意味も価値も無い」「ただのその場しのぎ」

なぜなら下記の2点へ帰結するだけだからだ。
1.通貨の総量を増やすことで、指数関数(プラス金利によって増える通貨総量)の自己増殖を加速し寧ろ経済の崩壊を早める
2.「カネを持つ者とカネを持たない者の非対称性を無視」するため「金を持つものはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏人になるだけ」。

金融緩和や量的緩和によって「一般人や貧しい者にもお金が循環する」と期待されたが、「カネを握った者がそのカネを手放すはずもない」ので
「ばら撒かれたカネを巡って壮大な利権争いが生まれただけ」だった。

「カネと価値の交換を保証するのがそのカネを使う本人」である以上、
本来、現実に意味を持つのは働き手の側のはず。
事故等で無人島にヒトが漂着したとき、ヒトを生かすのはその本人の労働でありカネではない。
本質的に、カネが無くてもヒトは存在できるが、ヒトが居なければカネは存在できない。
にもかかわらず「現代社会ではヒトよりもカネに価値がある」のは、ひとえに「プラス金利」で「他人を奴隷化することが出来るから」。

現代社会において
「ヒトの存在する価値」とは「どれだけカネを儲けられるか」であり
「ヒトの存在する意味」とは「ナニにカネを使ったか」へと帰結する。

愛情も思い出も、文化も伝統も、歓びも悲しみも、「じんけん()と言う名の詭弁」すらも、第三者には全てカネに換算されて評価される。
それが「プラス金利」の社会。

そしてあらゆる財産(物的資源、知的財産、高度なサービス、高度な人材、良質な労働力、歴史や伝統や愛憎すらも)は
熱力学の法則に従い全て劣化し消滅してゆく。それが現実世界。
そうやって消滅してゆく「価値」で「永遠に朽ちない『カネ』」を裏づけ等価交換しようとする狂った世界を維持しようと足掻いてきたのが人類の歴史。

つづく

21: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:24:49 ID:2Yf
>>19
ならばどうすればいい?

それはカンタンで、世界一難しいこと。世界の誰もが、誰一人としてやりたがらないこと。

それが「マイナス金利の導入」。

「永遠に朽ちない『カネ』」を「熱力学第二法則に従い朽ちらせる」こと。

「プラス金利によって永遠の命・永遠の自己増殖を謳歌してきた『カネ』」に「熱力学第二法則と言う『現実世界の法則』を導入」し
「カネに『現実と同じ【緩やかな死】』を齎す」こと。

本来、金利はゼロですら異常であり在り得ない。なぜなら現実存在のは永遠に価値の減らない、熱力学第二法則に逆らう存在などありえないから。

マイナス金利によって「カネに風化を齎す」ことで、ヒトはヒトとして本来あるべき「カネの主人」に立つことができる。

なぜなら。「命」を持つニンゲンは「自身は寿命で死のうとも、子を産み育てることで全体として存在を維持できるから」。
昨年の秋に収穫された新米は、今年の春に田んぼで育てられることで一度死に、そして新しい米を生む。
カネと同じように倉庫に備蓄しておいただけでは、一年後には「劣化した古米」にしかならない。
新米の一俵の米の価値は変わらないが、このように命の連鎖によりその価値を保ち、さらに増えることができる。
そしてそれを支えるのが「ヒトの労働」。

「聖書においてプラス金利を肯定するキリスト教」が「全知全能の唯一神から『産めよ殖えよ地に満ちよ』」と祝福し
「全く働かずに暮らして生けるエデンこそが神の楽園」として描かれるのに対し、
「日本神話における神の祝福が『稲作・養蚕・機織』という『労働』」であり「3つのうち2つが『命を育むこと』」であり
「ヒトの住まう豊葦原中津国」それ自体がヒトの暮らすべき場所として描かれている。

そしてキリスト教圏では殺し合いが繰り返され長い国号を持つ国は少ないのに対し
日本は単一の文化圏でありながら、それ自体が世界最長の国号を持つ。
というこの対比は偶然ではないと私は考える。
つづく

22: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:28:45 ID:2Yf
>>21のつづき
カネも同じ。全ての価値を保つのが「ヒトの労働」である以上、カネと雖も時間経過によって価値を減ずるのが本来の在り方。
これが家庭・家族・親族でも同じこと。
ヒトは老いる。老いてだんだん身体が動かなくなり一人では生きられなくなって死ぬ。
だからこそ昔のヒト(日本人)は「イエという社会制度・ヒトとしての在り方」を編み出し「老いては子に従え」という金言を産み、
そして結婚し家庭を持つことを自然に受け入れ、社会の最小単位である「家族」を受け継ぎ維持し社会を安定化させる生き方を編み出した。

だからこそ 昔 の 日本人は家族を大事にしたし子供は(医療が未発達だったこともあるが)「授かりもの」であり
「元気な子を産む為に若くして結婚することがアタリマエ」であり授かった子供を大事に育てた。100年以上前に日本を訪れた外国人が
日本について書き残しているように。

「労働がイヤだ」という者こそが「他人を働かせてその上前をはねて生きて生きたい」からプラス金利を否定できないだけ。

ヒトは「消費しているときは本質的に一人ぼっち」であるのに対し、「生産の為に協調・共存でき、一人ぼっちではなくなる」。
この方向性の違いこそが「プラス金利が齎す弱肉強食の生存競争・終わりのない奪い合いの世界」と
「プラス金利の無い、本質的な奪い合いの無い世界」の本質的相違。


プラス金利からマイナス金利への転換は、経済がそれなりに発展しているときには実行できない。
なぜなら、「プラス金利による利益の奪い合い」が成立している状態では誰もその利権を手放したくないから。

だから。

世界経済がまさに壊れようとしている今こそ、その「利権争いが崩壊しているとき」であり、
「プラス金利と言う名の本質的奪い合いを、マイナス金利導入によって否定する唯一絶対・最後の好機」。

この機会を逃すと、また人類は奪い合い殺し合ういざこざの多い歴史を繰り返すだけの存在に成り果ててしまう。
そして次の世界経済崩壊のときに、マイナス金利を導入・『定着』させられるかどうかの保証は無い。

24: ツチノコ狩り 2016/01/31(日)14:43:43 ID:4oe
長文乙

20: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:21:17 ID:dKe
消費税増税の駆け込み需要のときに低金利で借りられるのなら無理してでも借りる人は出てくるんじゃないの?
そのあと焦げ付こうが不良債権化しようが知らんけど

23: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:33:28 ID:2Yf
「プラス金利による経済崩壊」は「日本では高校で倣う指数関数(複利計算)」で数学的に明確に理解できる話。
これを糊塗するために世界最先端の超高等数学を使って「きんゆうこうがく()」なる「壮大な詐欺」を展開し
「現実世界を支配する『熱力学第二法則』」をお誤魔化しているのが現代社会。

「小手先の『きんゆうこうがく()』」ごときで「熱力学第二法則に反逆」している愚昧さを人類は自己反省すべき。

25: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)14:59:35 ID:Mv4
日経平均は年内3万円位にはなるだろう

26: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)15:15:18 ID:8fG
日銀にマネーが集まりに難くなるんだろうけど、その代わりとなる投資先は海外へと向かう可能性が高い
マイナス金利で経済が回るっていうのならば、これまでの低金利でも既にまわっている筈なんだよねw

27: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)15:34:32 ID:Mv4
銀行はリスクの少ない物に投資したいだろうから、どこだろう、住宅ローンとかかな。

28: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)15:42:41 ID:edV
国債を買えってことだろ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)15:57:44 ID:7y4
朝日、毎日、東京、神奈川、あと北海道と沖縄。
これの後ろに「新聞」と付くだけで私の眉毛は唾でベットリです

30: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)21:45:45 ID:ORm
無策の民主時代よりよほどいい
痛快だけどね、マイナス金利

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0
(´・ω・`)<おすすめ記事だよ
彡(゚)(゚)「適当に働くで」→国鉄(1970年代)
【画像】この縦読み残酷すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【韓国崩壊】安倍首相のアメリカ議会演説を韓国人が嫌がる理由が判明か!!!
会社「残業禁止!!これ以上働いたら法的にやばいから早く帰って!!」
小刀買ったったwwwwwwww
【末路】私『フリンしてごめん…てか、お金貸してくれない?』元旦那「このお金あげるよ」私『え?』→取り返しのつかない結果に…
テキサス親父が超親日になった理由にアメリカ人が感動の涙?

人気ブログランキングへ応援(=゚ω゚)ノありがとぅ