ネトウヨネ申となられた中川(酒)
中川&麻生
中川(酒)&麻生

当神社はネトウヨの期待の星であった故中川昭一氏を顕彰する目的でネット上あるいは皆さんの心の中に、建立されました。
なにやら本当に神社建てる計画もあるようですがそっちとは完全に無関係です。

酒、昭一さん、等々好きな呼び名で偲んで下さい。

Remember 中川昭一!
昭一様御照覧!
酒神様の加護ぞある!

悲しいとき、思い出してください

辛いとき、思い出してください

楽しいときを、思い出してください

日本には中川昭一というがいたことを!




             ⊂⊃
            / へ ̄ヽ
            6/ 、 )_ヽゞ
            ヽ ゚,_ゝ゚/
   iY^Yi .iY^Yi   f <∨>つ◇―ミ:ヽ.iY^Yi .iY^Yi .iY^Yi .iY^Yi
    ヽ ノ .ヽ ノ   ∪ .: |    ヾ:: ヽ ノ .ヽ ノ .ヽ ノ .ヽ ノ
    ||    ||   .| | |      :::.:::..||    ||    ||    ||
    ヽ||ノ...ヽ||〃   (__)_)    ...:..::::ヽ||ノ...ヽ||ノ...ヽ||ノ...ヽ||〃
ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
一言で言うと真面目。
そして政治家になるには、小心、繊細だったんでしょうなぁ。
つまり、向いてなかったと。それでも政治家を目指したのはなぜなんでしょうか?世襲?名声?真面目だったに他ならないでしょうな。

なんかの番組で見たけど、地元に帰った議員は普通支持者を喜ばせるようなことを言うものだが、昭一さんは政策のことばっかり言っていたという。もうちょっと年寄り連中にわかりやすいことを言ってはどうかといわれたが、やはり政策のことを公演したそうな。真面目だなぁw


プロフィール 中川昭一オフィシャルサイトより拝借

生年月日:昭和28年(1953)年7月19日 ※補足:血液型はA型
出生地:東京都渋谷区宮代町1番地
本籍地:北海道広尾郡広尾町紋別19線47番地
選挙区:北海道 第11区(旧第5区)※選挙区の皆さん、ご支援よろしくお願いします!!
座右の銘:一意専心
家族:妻(郁子)、長女、長男
趣味:読書、テニス、部屋の掃除、庭いじり
好きな食べ物:ソバ、長イモ、サラダ、ヨーグルト
行きつけの場所:本屋1店、紅茶屋1店、そば屋4店、すし屋2店、中華料理屋3店、園芸店2店、世田谷公園、駒繋神社

略歴

58年12月   衆議院議員初当選(当選8回)
元年 6月 農林水産政務次官
8年11月   自由民主党副幹事長
9年 9月   自由民主党北海道支部連合会会長
9年10月   自由民主党総務会長代理
10年 7月  農林水産大臣
13年 5月  自由民主党広報本部長
14年10月   自由民主党組織本部長
15年 9月  経済産業大臣
17年10月   農林水産大臣
18年 9月  自由民主党政調会長
20年 9月  財務大臣・内閣府特命担当大臣(金融)
20年 9月  自由民主党水の安全保障に関する特命委員会顧問
21年 2月 財務大臣・内閣府特命担当大臣(金融)辞任
21年 8月 衆議院選挙落選。
21年10月 自宅にて死去 享年56歳。


功績

146 :名無しさん@十周年:2009/10/04(日) 23:57:44 ID:bAvh7i6S0
■戦後最強の総理になるはずだった中川昭一(酒)の功績■ 日本は再生の切り札を失った

・中川氏は、農林水産大臣としてポジティブリストを導入し、中国等から無差別に輸入される毒菜に一定の歯止めをかけた。

・中川氏は、財務大臣として金融援助をIMFに一本化し、韓国やアイスランドなどから申し込まれた二国間融資は全て断った。

・中川氏は、政調会長として、自民党内の人権擁護法案推進派の意見を断固として撥ね付けていた。

・中川氏は、拉致問題に早くから取り組んできた政治家の一人であり、拉致議連の会長もつとめた。

・中川氏は、経済産業大臣の時、親中派の二階俊博が打ち出した「東アジアEPA(経済連携協定)」構想に意義を唱えた。

・中川氏は、毎年靖国神社に参拝することも欠かさない。

・中川氏は、非核三原則の堅持は当然”としながらも日本の核武装の是非について繰り返し“論議すべし”と言及した。

・中川氏は、日教組に対し「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」と、その活動を強く批判している。
・中川氏は、官憲(役人、特に警察関係)による慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話について早期に見直しを検討・すべきだとの考えを示した。

・中川氏は、中国の脅威に対抗するために、インドやオーストラリアとの連携を促進するための議員連盟「価値観外交を推進する議員の会」の旗揚げに貢献した。

・中川の勉強熱心は有名で、官僚にとっては渡した原稿をそのまま読んでくれない、
扱いにくい大臣だったとのこと。

・中川氏は、郵政解散後の造反組リーダーであった平沼赳夫とは銀行員時代から兄弟のような間柄で、郵政民営化には賛成ながらも、造反組には半ば同情的だった。

・中川氏は、政界きっての親台派として知られている。農水大臣再登板の際には、中華民国総統であった李登輝から祝意が寄せられている。今回の辞任についても、台湾メディアは同情的である。

・中川氏は、2007年に保守派の議員で集まる勉強会「真・保守政策研究会」を設立するにあたってのまとめ役となった。

176 Trader@Live! sage ▼ 2009/10/04(日) 11:27:32 ID:uhvO9q4z
・中川氏は、農林水産大臣としてポジティブリストを導入し、中国等から無差別に輸入される毒菜に一定の歯止めをかけた。

・中川氏は、財務大臣として金融援助をIMFに一本化し、韓国やアイスランドなどから申し込まれた二国間融資は全て断った。

・中川氏は、政調会長として、自民党内の人権擁護法案推進派の意見を断固として撥ね付けていた。

・中川氏は、拉致問題に早くから取り組んできた政治家の一人であり、拉致議連の会長もつとめた。

・中川氏は、経済産業大臣の時、親中派の二階俊博が打ち出した「東アジアEPA(経済連携協定)」構想に意義を唱えた。

・中川氏は、毎年靖国神社に参拝することも欠かさない。

・中川氏は、非核三原則の堅持は当然”としながらも日本の核武装の是非について繰り返し“論議すべし”と言及した。

・中川氏は、日教組に対し「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」と、その活動を強く批判している。


・中川氏は、官憲(役人、特に警察関係)による慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話について早期に見直しを検討・すべきだとの考えを示した。

・中川氏は、中国の脅威に対抗するために、インドやオーストラリアとの連携を促進するための議員連盟「価値観外交を推進する議員の会」の旗揚げに貢献した。

・中川の勉強熱心は有名で、官僚にとっては渡した原稿をそのまま読んでくれない、
扱いにくい大臣だったとのこと。

・中川氏は、郵政解散後の造反組リーダーであった平沼赳夫とは銀行員時代から兄弟のような間柄で、郵政民営化には賛成ながらも、造反組には半ば同情的だった。

・中川氏は、政界きっての親台派として知られている。農水大臣再登板の際には、中華民国総統であった李登輝から祝意が寄せられている。今回の辞任についても、台湾メディアは同情的である。

・中川氏は、2007年に保守派の議員で集まる勉強会「真・保守政策研究会」を設立するにあたってのまとめ役となった。

92 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/10/04(日) 10:33:01 ID:Oafo/TuJ0
・中川氏は、農林水産大臣としてポジティブリストを導入し、中国等から無差別に輸入される毒菜に一定の歯止めをかけた。

・中川氏は、財務大臣として金融援助をIMFに一本化し、韓国やアイスランドなどから申し込まれた二国間融資は全て断った。

・中川氏は、政調会長として、自民党内の人権擁護法案推進派の意見を断固として撥ね付けていた。

・中川氏は、拉致問題に早くから取り組んできた政治家の一人であり、拉致議連の会長もつとめた。

・中川氏は、経済産業大臣の時、親中派の二階俊博が打ち出した「東アジアEPA(経済連携協定)」構想に意義を唱えた。

・中川氏は、毎年靖国神社に参拝することも欠かさない。

・中川氏は、非核三原則の堅持は当然”としながらも日本の核武装の是非について繰り返し“論議すべし”と言及した。

・中川氏は、日教組に対し「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」と、その活動を強く批判している。

・中川氏は、官憲(役人、特に警察関係)による慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話について早期に見直しを検討・すべきだとの考えを示した。

・中川氏は、中国の脅威に対抗するために、インドやオーストラリアとの連携を促進するための議員連盟「価値観外交を推進する議員の会」の旗揚げに貢献した。

・中川の勉強熱心は有名で、官僚にとっては渡した原稿をそのまま読んでくれない、
扱いにくい大臣だったとのこと。

・IMFの専務理事ストロスカーン氏は、「日本による貢献と融資は、これまで人類の歴史で最大」とまで絶賛した。これは金出しただけでなく、各国をまとめることで世界大恐慌を回避させたことを意味するのだ。
日本のIMFでの指導実績が世界中に宣伝され、日本が世界でリーダーシップを発揮したことをアピールできた。あの酩酊会見は、その直後の出来事だった。
付け加えるならば、あの状態を飲酒によるものだと断言していたのは日本のマスコミだけであって、諸外国の記者たちは「風邪だと聞いていたが大丈夫だろうか」と心配してくれていたそうです。

※かぶってんの多いなw
遺したもの。
守るもの、守るべきものは何か?という事だろうか?

死して名を残すという言葉があるが、中川昭一はこれだけの功績を上げていたとしても名すら残せない可能性がある。やはり酩酊会見のイメージは大きく、ほとんどの人がタダの酔っ払いくらいの認識ではないだろうか?

だがネトウヨにとって彼ほど理想的な政治家はおらず、その遺志は継いで行かなければならないと考える。これは別段政治家じゃなくても、タダの生活者だったとしても全然可能なこと。

その象徴として、ブログの、心の片隅を小さな祠とした。
なんか自分とかに負けそうなときに、昭一さんがあっちで、あの困ったような笑顔をしてんじゃないか、って思うと気持ちをリセットすることが、多分、できる。

推進していた政策だとか、民間でやろうとしてたことなんかは其の内まとめておきますわぉl

あと、ネトウヨにゅーす。の中の人は熱狂的な中川昭一ファンですので故人を誹謗中傷するような輩は
ぶちころすにぉl
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ