1: おちんちん ◆d9eTMNEKrI (SIM) [SE] 2019/12/22(日) 07:54:14.89 ● BE:547841423-PLT(25252)
 自分の血液をお金をもらって採血させる行為は「売血」と呼ばれており、日本でも1960年代半ばまで行われていたそうだが、アメリカでは現在も「売血」で生計を立てている人々がいるそうだ。
 
 そしてその数は1999年~2016年の間で3倍も増加し、ヒトの血液を原料として製造される血漿製剤の輸出は、今やとうもろこしや大豆以上の輸出量を占め、皮肉にもアメリカ経済を支えている。

 しかし、この血漿製剤産業急成長の背後には、アメリカの貧困社会に暮らす人々の悲しい現状がある。

 アメリカは、献血のために人々がお金を受け取ることが認可されている唯一の先進国であり、その血液の大部分は海外に輸出されている。

 世界最大の血漿収集センターCSLの報告によると、世界中の血漿製剤の約70%はアメリカ人のもので、その60%が他国に輸出されているという。

 献血ビジネスの急増で、今やアメリカにとって貧しい人々の血は主要な輸出品となり、総輸出の2%を占めるまでになっているのが現状だ。

 しかもこの血漿製剤産業の成長は、更に拡大すると予測されている。

 血漿蛋白治療協会(以下PPTA)の最新データによると、アメリカで収集された血漿の量は、2014年には過去最高を記録。ビジネスニュース、分析、株式市場データを提供するアメリカの金融情報ウェブサイト『MarketWatch』でも、この産業ビジネスは2024年までには440億ドル(約481億円)に達する見込みと伝えている。

 しかし一方で、1999年以降の「売血」が3倍増加となった背景には、アメリカの貧困層の人々に対する現金の「略奪的」約束があったからだと主張する評論家もいる。

 PPTAの報告によると、1999年~2016年でアメリカの売血ビジネスは3倍になった。しかし、これはアメリカ人が慈善活動を行ったからではない。

 多数の医薬品治療のベースとしても重宝され、免疫障害や呼吸器疾患の治療などに不可欠とされる血漿製剤。この産業繁栄と輸出ビジネスの背後には、アメリカで不安定な生活を抱えている貧困層の人々らが存在する。

 アメリカでは、適度に健康で体重が50kg以上であれば、献血センターはドナーに代金を支払い、血漿を集めることが認可されている。そしてそのドナーは、アメリカでは主に貧困層がターゲットとなっているのだ。

 障碍者、仕事はあっても貧しく生活に困窮している人たち、ホームレス、シングルペアレント、苦学生らにとって、この売血ビジネスは最も信頼できる収入源であり、生計を立てることができる生命線となっている。

 Mint Pressによると、ドナーは週2回の献血が可能で、採血ごとに平均30ドル(約3300円)~50ドル(約5500円)の収入を得ることができる。

採血センターは、特に富裕層の健康問題がない人々をターゲットにしているわけじゃない。いつでもどこでも、週100ドル(約11000円)を必死に集めようとしている貧しい人々のエンドレスな供給源となっているんだ。

 こう語るのは、ペンシルベニア州ピッツバーグで約1年半売血を続けたアンドリュー・ワトキンスさんだ。

つづく

ソース
http://karapaia.com/archives/52285605.html

引用元: ・自分の血を売って生計を立てる「売血」が増加、アメリカの貧困層の現実

ブログランキング・にほんブログ村へ ←1日1クリックで多くの人に記事が広まります
2: おちんちん ◆d9eTMNEKrI (SIM) [SE] 2019/12/22(日) 07:54:25.17 BE:547841423-PLT(24252)
 また、ワシントンD.C.に住む常連ドナーの1人は、次のように話している。

献血センターは、私たちのような貧困層の人々が30ドルの売血をしないと、次に50ドル得られないことを知っているんです。私たちが必死に生活していくために売血をし続けていくことをビジネスに利用しているだけです。

血漿製剤は、価値があるもののようですから、ドナーにとって悪循環になってもこのようなシステムになることを今更驚きもしませんけど。

 貧困層のアメリカ人たちは、週に2回のペースで1年に104回献血をして、なんとか生活できる収入を得ることができる。

 しかし売血し続けた70%のドナーが、倦怠感、脱水症状、無気力、認知機能障害など、少なくとも1つの副作用および健康上の合併症を抱えていることが調査では判明している。

 何度も献血をするドナーの血液は、血中のたんぱく質が減少し、感染症や肝臓・腎臓障害のリスクが高くなる。結局、多くの常連ドナーがほぼ永久的な健康障害を抱え、境界線貧血を患うことになる。

 これらは、「重度」とはみなされないまでも、ドナーにとっては完全な悪循環だ。

 金銭的に困窮している人々が売血した結果、体調不良となり仕事が満足にできない状態になると、生活苦に陥る。そしてお金に困ると、売血をするという繰り返しだからだ。

 そうなると血漿製剤産業にとって、ますます貧困層の人々が格好のターゲットになるというわけだ。

 ウィスコンシン州に住むレイチェルさんも、売血した1人だ。

私は2回献血をして、1回は脱水症状になり、もう1回は貧血になりました。貧しいので、あまり栄養のある食べ物が食べられず、貧血になっても鉄分豊富な食事ができません。

献血センターは、リピーターや誰かを紹介した時にはボーナスまでくれるのです。1週間分の家賃や請求書代、薬代など、1回の献血分で貰える30ドルというお金はとうしても必要ですが、結局、献血し続けることが叶わなくなりました。

“squeezing blood from stones”(無い袖は振れない)ということわざがありますが、このビジネスはまさに借金を返したくても返す余裕のない貧困層の人々が陥るCatch22(どうもがいても解決策が見つからないジレンマ状態)なのです。

 今後も、ますます成長を続けていくとされているアメリカの血漿製剤産業ビジネスだが、背景にある事情を知れば、それはある意味、晩期資本主義アメリカの完全なるディストピアの具現化と言えるのかもしれない。

4: ニュートラル・シート磁気圏尾部(山形県) [US] 2019/12/22(日) 07:58:21.54 ID:Als5WVp90
日本も献血する人が減ってるんだから血液の売買許可制でやればいいのに

5: ミザール(東京都) [FI] 2019/12/22(日) 07:59:56.26 ID:NyIEHvi80
アメリカ貧困層の血液とかウイルスやばそう

6: ベクルックス(富山県) [CN] 2019/12/22(日) 08:00:40.00 ID:GpqtDpC+0
売れるのかよ、高血圧だから頻繁に売りたい

90: プレセペ星団(富山県) [KR] 2019/12/22(日) 09:43:05.78 ID:LSeLZaRV0
>>6
余計に上がるんじゃねーか?

7: クェーサー(東日本) [US] 2019/12/22(日) 08:00:46.40 ID:H2/TalQC0
毎月献血してるけどお菓子食べ放題飲み物飲み放題、漫画もいっぱいあるし嫁もみつかるし献血最高

24: フォボス(大阪府) [US] 2019/12/22(日) 08:17:12.77 ID:IP6FgrQJ0
>>7
現金を貰えないだけで、物で報酬を貰えて
売血みたいなもんだよな
成分献血は映画を見れるし
泣いてしまって、看護師さんに「痛いですか?」って心配されて、
映画を見て泣いていると分かったら心底から気持ち悪そうな顔をされてしまった

20: 土星(東京都) [US] 2019/12/22(日) 08:13:35.24 ID:cSZjlqtT0
映画「真夜中のカーボーイ」でも血を売るシーンあったな

22: ガーネットスター(東京都) [ZA] 2019/12/22(日) 08:16:37.26 ID:4yzSqOc90
アメリカも大変なんだな

43: 環状星雲(長野県) [RU] 2019/12/22(日) 08:31:11.71 ID:YtjB1tHX0
>>22
アメリカでは3分の2近くの世帯が500ドルの突発的支出に備えた貯金すら
持っておらず、ちょっとした不運が起きただけでホームレスとなりかねない。
https://toyokeizai.net/articles/-/246696

46: プロキオン(神奈川県) [HK] 2019/12/22(日) 08:33:21.30 ID:Nqdq2iZ20
>>43
アメリカって健康保険がないから病気になったら詰むな

30: エイベル2218(北海道) [US] 2019/12/22(日) 08:20:12.20 ID:7LFtF1490
臓器抜かれるよりは血を抜かれた方がマシだろう

33: プランク定数(福岡県) [US] 2019/12/22(日) 08:21:40.03 ID:6aHSN8fh0
献血好きだから金もらえたらうれしいな
一回いくれくらいもらえるんだろ

50: プランク定数(光) [US] 2019/12/22(日) 08:38:23.48 ID:GFLyC6GK0
アメリカの平均年収は1400万円って日経が言ってたのにな

69: ニクス(福岡県) [PT] 2019/12/22(日) 09:14:05.73 ID:G0yUIajZ0
>>50
サンフランシスコな

73: グレートウォール(東京都) [JP] 2019/12/22(日) 09:20:52.14 ID:qutcBkPN0
>>50
国民皆保険がないからな。医療もろくに受けられないだろ

61: チタニア(東京都) [US] 2019/12/22(日) 09:01:50.39 ID:GBlFB+n70
それだけ血液不足してるから需要あるのかもね

62: テチス(茨城県) [US] 2019/12/22(日) 09:06:19.26 ID:VdcVJnQz0
ブラットボーンみたいだな

74: ガニメデ(静岡県) [US] 2019/12/22(日) 09:21:57.92 ID:UTeF4bh10
米は意図的に格差を作ってるって話もあるよね
貧しく学歴もなければ兵役に行くし売血もする
兵隊も輸血用血液も不足することはない
日本も真似るか?

80: ソンブレロ銀河(東京都) [ニダ] 2019/12/22(日) 09:27:28.83 ID:98qxTiTE0
死ぬまで抜かれるならともかく、きちんと管理してくれるなら売血もアリだと思うんだけどな。

84: カロン(三重県) [NO] 2019/12/22(日) 09:40:42.73 ID:YqQ7btq60
マイナンバーカードとか使って収入次第で買い取ってもらえるようにしたら
それこそ政府の謎のポイント配布とかさ
カードの情報使えば嘘ついて連続なんてこともできないだろう

86: ハービッグ・ハロー天体(兵庫県) [JP] 2019/12/22(日) 09:41:48.16 ID:NtkyGRAG0
日本でもやればいいのに。
なんなら、ヨドバシでも楽天でもポイント加算すれば良い。

104: 百武彗星(岩手県) [US] 2019/12/22(日) 09:55:30.57 ID:jNq0szZP0
未だにアメリカは売血制度なのか
エイズ拡散の一因なのに懲りないな

109: ベテルギウス(新日本) [US] 2019/12/22(日) 10:03:36.71 ID:gfh2+W7h0
>>104
今は全血検査だから、混ぜてない

110: 大マゼラン雲(光) [ニダ] 2019/12/22(日) 10:06:07.76 ID:axgtP85C0
別にかまわんだろ
日本でもやればいい
ボランティアみたいになってる方が異常な気がする

118: 天王星(大阪府) [IT] 2019/12/22(日) 10:17:34.23 ID:ErDfLzCq0
過剰な接待いらんからかって欲しい。
月1ぐらいで売りに行くわ。

120: プレアデス星団(庭) [ニダ] 2019/12/22(日) 10:17:51.03 ID:7sKUJx7b0
日本でもやればいいのに、回数制限かけて
金無い学生とかありがたいだろ

133: 子持ち銀河(千葉県) [FR] 2019/12/22(日) 10:39:50.34 ID:rXCQKoA40
ろくな物食べてないうえにドラッグやってたり病気にかかってたりして
そんな貧困層の血液を買い取って販売してるなんてアメリカって悪だな

144: 青色超巨星(空) [TW] 2019/12/22(日) 11:12:43.69 ID:RGx5LRG60
すげえな。
日経によるとアメリカの一般貧困層は年収1400万らしいが
1400万あっても献血の5000円で生計立ててるのか

146: エンケラドゥス(三重県) [TW] 2019/12/22(日) 11:17:59.94 ID:X6iTO7/X0
半年に一回献血に行ってるわ
(データで管理されててこれが限界)
降圧剤と痛風の薬飲んでるけど問題なしだよ

偽善行為じゃななく血液検査して貰えて
結果が数週間後に自宅に届く
病院で「血液検査しましょう」って
言われたら、これ出すとパス出来る。

149: アルビレオ(東京都) [GB] 2019/12/22(日) 11:30:49.03 ID:oc5auSn50
いいおっさんがジュースとお菓子に釣られるのかって話

152: カノープス(庭) [ニダ] 2019/12/22(日) 11:33:57.45 ID:6z/k1qvX0
>>149
お菓子やジュースのが
子供のお土産にできる分いいだろう
献血するようなタフなおっさんは
大抵パパだよ

156: アルデバラン(東京都) [US] 2019/12/22(日) 11:42:30.16 ID:d3mUjGJN0
献血後のクジで当たったトミカをヤフオクで売ったら5000円になったぞ

1002: ネトウヨにゅーす。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0



ブログランキング参加中!一日一回のクリックをお願いします


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ ( `ハ´)<丶`∀´>ウェーハッハッハ